ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.12.19 Wednesday

爺のスマホが代替わり

0

    JUGEMテーマ:親爺の独り言

    2015年6月から3年半付き合ってきたZenfone Laser2からAQUOS sense lite SH-M05に買い換えました。

    特に不具合があった訳ではないのですが、飽きがきたのと、パノラマ撮影台を制御するPandroidwizが使えるAndroid(5)最終バージョン機を壊すわけにはいかないためです。

    驚いたことに、Androidは4から8になっちゃってます。

     

    機種変更のエピソードを一つ。

    爺の格安SIMはマイクロSIMだったのですが、今のご時世、もっと小さいナノSIMなんですね。

    この格安SIMはキャンペーンで買ったので0円だったこともあり、ダメもとでナノサイズにカットしてみたのですが、見事に失敗。

    結局、ナノSIMを買いなおす羽目になりました。ま、これで機種変更の準備ができたと言ったところです。

     


    2018.10.17 Wednesday

    さみしい・・・・

    0

      JUGEMテーマ:超高精細写真

      2018年9月スティッチソフトのKolor社が店じまいとなりました。

      Kolor社:

      http://www.kolor.com/

      このソフト20,000円以上するので、爺は最終V4に対してV3の機能で十分なのでとりたてて不自由はありません。しかし、たたんでしまったとなると寂しいかぎりです。

      思い起こせば、超高精細写真のコンテストに合格したり、フォーラムで散々意見を交わしたり随分と楽しませてもらったものです。

      また、撮影アプリのPandroidはWindows専用であったためお蔵入りしています。変わって、androidのスマホで動作するPandroidwizでは、プリセットコードを自動で作成するアプリを自力で開発するなどしています。

      ところが、このPandroidwizはandroid5までしか対応していません(V6ではBluetooth接続ができない)ので、爺のスマホはV5で止めています。

      以上、環境はどんどんさみしくなるばっかりですが、爺は前を向いて大いにあそんでいきますよーーーー!

       


      2016.09.13 Tuesday

      孫のおもちゃが生き返りました!

      0

        JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

        憶えておいででしょうか?2年ほど前、孫のおもちゃだったスマホ(Infobar A01)を取り上げてPandroidWizを入れた話。

        結局、PandroidWizは正常に動作するものの、ブラウザ機能の一部が機能しなかったり、ましてや、オフライン上で動作させられず諦めておりました。

        しかし、ここにきて、ZenfoneLaser2のAndoroidのアップデート以来、肝心要のPandroidWizがBluetoothの不具合で動かなくなってしまい、再登場となった訳であります。

         

        結果は、完全なスタンドアロンでオフライン(ネット接続不要)で、動作するようになりました。

        やったことは、

        .廛蹈札好如璽燭"generator"を機能させる。

        android2.3.3で機能するブラウザを見つける。

        Infobar A01とPCが接続できるようにする。(ファイルのやりとりができないと厄介)

        ぅ瓮妊ア上のHTMLファイルのアイコンをホーム画面に置く。

        の四つであります。

         

        .廛蹈札好如璽燭"generator"を機能させる。

        "generator"で機能しないのは、焦点距離・撮影枚数等の数値入力の部分であることが解りました。同時に数字の選択は機能することも分かり、多少の機能ダウンは許容して、焦点距離・撮影枚数だけを選択タイプに改造しました。

         

        このページは:

        http://www.imagefitter.com/generator/index_jp_ov

        で公開しています。

        android2.3.3で機能するブラウザを見つける。

        なぜ、ブラウザが必要だったかと言うと、オリジナルのブラウザは、HTMLファイルを直接開くことができなかったからであります。

        Googl Crhomeがインストールできれば、何の問題もないのですが、全然ダメなんですよ。

        そんな訳で、Google Storで見つけたのが”dolphin browser"です。

        信頼性は分かりませんが、結構サクサクと動きます。

         

        Infobar A01とPCが接続できるようにする。

        Infobar A01とPCを接続。をキーでネットを探して、auのサイトに、USBドライバがあったので早速ゲット。

        接続するたびに、許諾するのがダサいけど、バッチリつながります。

        早速、HTML関係のファイル一式を、PandroidWizのデータフォルダにコピペ。

         

        ぅ瓮妊ア上のHTMLファイルのアイコンをホーム画面に置く。

        メディア内のHTMLファイルは、ドルフィンブラウザを指定して開けるようになりました。

        また、オプションでの指定で、ホーム画面にアイコンを置くことにも成功。

         

        これで、完全なスタンドアロンで機能することになり、爺の愛するPanogearのオリジナルコントローラに変身して、孫のおもちゃが生き返ッたと言うものであります。


        2016.09.10 Saturday

        え!またAndroidのバグ?

        0

          JUGEMテーマ:親爺の独り言

          4Gの節底不具合に続いて、今度は、大事な大事な”PandroidWiz”がBluetoothの通信ができなくなってしまいました。

          ショックです。

          娘から貰った、古----いスマホ(Android4.0)では正常に動作するので、本体の”Panohead”やBluetoothアダプターは壊れていない。

          スマホと”Panohead”のペアリングは、Androidの基本機能で正常にできている。

          現象は:

          ”PandroidWiz”起動。

          Bluetoothをオンにするかの通知。

          Bluetoothがオンになる。

          ここで、ペアリング済みの”Panohead”を読み込むんですが、捕捉できない。

          このため、コントロールが全く効かない。

          開発元にメールを送り、何か解決策が帰ってくればと願っております。

           


          2015.09.26 Saturday

          ワンビルでお釣りがくる格安SIMスマホ(格安スマホリポート2)

          0
            清水の舞台から飛び降りて買ったスマホZenfone 2 Laser
            爺が使って10日、勝手な感想を報告します。
            1日目の姿は、先に報告した通りであります。
            Zenfone 2 LaserとNexus7はどちらもAsusなので、立ち上げやセットアップに戸惑うところはほとんどありませんでした。
            Googleのアカウントを通してしまえば、ブックマ−ク・メールアドレスなどパソコンと同期がとれてしまいます。
            ネットを検索すれば、有り難いことに、セットアップのやり方がたくさんヒットします。
            色々とカスタマイズするのに参考にさせていただいたサイトです。
            https://mobareco.jp/a24455/
            http://mobilelaby.com/blog-entry-zenfone-2-laser-setting-setup.html#4
            ちょっと戸惑ったのが、SIMの設定です。
            Zenfone 2 Laserは、ある程度のSIMはプリインストールされていて、選択すれば済んでしまいます。
            おかわりSIMは、新たに設定しなければなりません。とはいっても、爺の場合、アマゾンに出店しているビックカメラで買ったので、いざとなったら、お店に駆け込めば良かったので、さほどプレッシャーは感じませんでした。
            b-mobileサイトに詳しいことが。
            http://www.bmobile.ne.jp/okawari/s_setting.html
            つまり、b-mobileからAPNのデータをゲットして、アクセスポイントを追加するためにAPNの設定をするっつうことなんですね。
            結果は、順調に設定できてオッケーです。
            画像の上半分は、宅内のWifiエリアにいるときの状態です。
            下半分は、お出かけ時の状態。
            つまり、LTE4Gに接続している状態です。
            デフォルトがLTE2Gのこともあるという例も載っていましたが、爺のははなっから4Gが有効な状態でした。
            この切り替えは、特に設定しなかったのですが、接続設定済みのWifiが優先で、届かなくなるとLTE4Gに切り替わるようになっています。
            でもって出不精の爺、半月で使ったパケットがたったの36MG。ちなみに、今迄で最大は900MGぐらいなんです。これ、北海道10日間の旅の時です。

            爺が使いたい機能、PandroidWizのアプリやプリセットジェネレータのXMLデータを取得したり、ファイル内容の書き換えについてもNexus7と同様にできるので、全く問題がありません。
            でもそれじゃNexus7がかわいそうなので、一緒に連れて行って、テザリングでZenfone 2 Laserをアクセスポイントにして、ネットにつないで多種多様な情報をゲットするようにしようと考えています。

            こんな訳で、通信量はおかわりSIMの最低料金542円(税等込み)と050PLUSが324円+100円ぐらい。
            毎月、合計970円くらいでワンビル(1000円札)でお釣りがきちゃうんです。
            それに、固定電話からなら3分10円で掛けられるんで、意外とまわりで好評なんです。
            つーわけで、みなさん!固定電話でお会いしましょう!
             

            2015.07.26 Sunday

            北海道の旅エピローグ

            0
              JUGEMテーマ:超高精細写真

              今回は、撮ったもの全て展示しました。コマ落ちや暴走などメカニック的なトラブルは一度もなく、カメラ電源の切り忘れによる電池切れが一度(スペアバッテリーでリカバー)あっただけでした。
              Nexus7Pandroidwiz・マイプリセットジェネレータPanogeareすべてが順調だったということです。
              最後にもう一度。婆の友人ご夫妻には心から感謝いたします。ありがとうございました。
              エピローグは、函館金森赤レンガ倉庫です。”ハコスカ”が通りかかったのでいただいちゃいました。
              画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。

              mamoo
              スマホで表示


              壁紙ダウンロード


              2015.06.08 Monday

              究極のローコストスマホ

              0
                ポストWindowsのノートパソコン用として、ハイレゾ写真の撮影用に買い求めたNexus7。
                これが、思いのほか優れもので、フィーチャーフォンの解約も現実のものとしています。
                その結果、年金爺として嬉しい、月々のコストが1000円以下で、インターネットやり放題+携帯電話+海外通話ができます。

                ここで、これまでの経過を振り返っておきます。
                最初は、OSのバージョンアップに耐えられないハイレゾ写真の撮影ソフト"Papywizard”の代替ソフト、”Panoshoot”の導入から始まりました。
                参照 http://uhrp.imagefitter.com/?eid=459
                ツールは、それまで買ったノートPCよりもはるかにリーズナブルな”Nexus7”に。
                参照 http://uhrp.imagefitter.com/?eid=466
                しかし、制御ソフトの”Panoshoot”はそれまでの"Papywizard”より若干性能は良かったものの、300mmレンズで動作が遅くなる問題が解決できませんでした。
                参照 http://uhrp.imagefitter.com/?eid=466
                この結果、半制御ソフト”PandroidWiz”を導入し、プリセットコードを作成するソフトを開発し、サーバー上で公開するにいたったものであります。
                参照 http://uhrp.imagefitter.com/?eid=463
                参照 http://uhrp.imagefitter.com/?eid=495

                話を元に戻して携帯に、爺のフィーチャーフォンの料金はSMSが主なので月額1800円ぐらい。最大で3500円であります。
                野外撮影に行くと、珍しい機械でパチパチやっているので、よく声をかけていただくんです。
                そんな時、ネットにつないでいれば”Gigapan”のマイページも閲覧できるし都合がよいなということで、b-mobile WiFi3ハッピーパッケージ(25000円ぐらい)を買い入れました。
                さらに、Nexus7に携帯電話アプリ050Plusをインストールしたことで、電話機能とインターネット環境ができあがってしまいました。
                ところが、3GまでLTEが使えるものの、外出が少ない爺は、らじるらじるのストリーミングを聞きながら外出しても、月間1Gも通信量が発生しません。
                今回、b-mobileからでる”おかわりSIM”は1Gまでなら500円(税抜き)、5G使っても1500円(税抜き)と今と同じ金額なんです。
                050PLUSなら、固定電話から3分10円でかけられるので周りの人にも優しいのでいいかな?
                基本無料な携帯アプリもありますが、質的なことから、月額300円(税抜き)ぐらい大目に見てみようと思っています。
                ミニマム月800円(税抜き)のインターネット・携帯電話、これ!究極のローコスト。年金爺うれしッス。

                 

                2015.01.23 Friday

                androidのバージョンアップでえらいことに・・・・!

                0
                  JUGEMテーマ:超高精細写真
                  昨日、Nexus7ちゃんのお知らせを開いたところ、「Androidのアップデートできます。」とアナウンス。
                  お!っとばかりにインストール。

                  自動バックアップモードもONにしてあるので安心していたんですが、結果は、まっさら状態になってしまいました。
                  つまり、IP電話・Googleアカウント等々全て使えない状態なんです。でも、これらは、アカウントや登録をし直せばOKなんです。が、一番ショックだったのが、内部ディレクトリのSDCARDを失ってしまったことなんですね。これでは、XlmデータファイルをPCとやり取りができないので、PandroidWizで超高精細写真が撮れない。
                  2つ3つファイルマネージャのソフトを入れ替えて試してみましたが、書き換えもおろかPCから見ることもできないのです。

                  Androidをダウンバージョンをするか工場出荷時の状態に戻すか悩みました。やってみたのが、工場出荷時の状態に戻すことでした。
                  結果は、Androidは5.02のまんまだし、見た目何も変わりません。OSも含めて戻されるということではないようです。このことは、Androidをダウンバージョンしたところで、内部ディレクトリが復元することはないということなんですね。
                  あとは、Nexus7を買い換えるしかないか。うーーーん。

                  仕方がない、ESファイルエクスプローラを覚悟を決めて使ってみるか。
                  そしたら、何と、内部ディレクトリのSDCARDもできているし、PCと接続できてすべての機能が回復しました。

                  思い返してみれば、今まで使っていた機能は、ESファイルエクスプローラの残骸だったようです。
                  Nexus7ちゃんは、PandroidWizに特化したツールなので、色んなソフトを入れている訳でもないので、復元は簡単に済むのが幸いです。
                  もう、バージョンアップはやらないぞ!

                   

                  2014.12.31 Wednesday

                  爺の10大ニュース2014

                  0
                    JUGEMテーマ:親爺の独り言
                    激動の2013年に続いて、2014の10大ニュース。
                    Panobookコンテストに入選
                    Kolor社のPanobookに見事掲載されました。
                    ■Google翻訳機能で国際ブログ
                    今までも、英語・フランス語には翻訳可能でしたが、Googleの翻訳機能でとんでもなく、国際化になりました。

                    b-mobile4G WiFi3 ハッピーパッケージ”購入
                    これで、外出時にもネットにアクセスできるようになって、皆さんと会話の花がより一層開くようになりました。
                    3月と11月に軽いイレウス発症
                    幸いにも、うんと軽かったので助かりました。
                    スーパーパソコンにリニューアル
                    Windows XPにしがみついていましたが、遂に壊れて動かなくなったのでリニューアル。ま、このマシーンが最後になるのかな〜。
                    久しぶりにスマートイルミネーションに行く
                    久しぶりに出かけたものの、なかなか、イメージが湧かなくて苦労しました。もっと、頭を柔らかくしないといかんいかん。
                    Nexus7がプリセットジェネレータで大活躍
                    もう、Nexus7とPandroidWizのコンビネーションにすっかり慣れて、もはや手放せません。

                    あの宝剣岳に挑戦しました。
                    50年来の友人二人に助けられて、あの宝剣岳直下まで行ってきました。体力の衰え、トイレの不自由さをしみじみ感じた山登りでした。
                    Gigapanが買収された
                    Gigapanの経営不振が伝えられて、Gigapanにおんぶにだっこのこのブログの存続も危ぶまれる事態でしたが、買収されてサイトクローズが回避されたようで、ほっと一安心です。
                    夜空・フルムーンに挑戦も敢無く撃沈
                    夜空に輝く星やスーパームーンに挑戦したのですが、ことごとく撃沈。月はともかく、夜更かしができない爺にとっては、お星さんは所詮無理なんですね。
                    星空追跡のプリセットジェネレータも作ったんですが、まだ、満足に使っていません。眠くって・・・・・。
                     

                    2014.12.21 Sunday

                    爺のデータ通信量

                    0
                      JUGEMテーマ:親爺の独り言
                      ポストPapywizardとして、”Panoshoot”用に買ったNexus7。ネットにつないでなんぼのモバイル端末なんですが、もっぱら、”PandroidWiz”に乗り換えて、オフライン専用で使っていました。

                      写真を撮っていると、へんてこな機械を操っているので、話し掛けてくる方が多いです。大抵、話が弾むんですが、モザイク写真の説明が伝わりにくくって、ネットにつながっていれば話が早いと思っていました。

                      そこで、携帯のWiFiモバイルルータを買うことに…。基準は、携帯電話の解約を前提に、今の携帯電話の月額料金1700円ぐらい。
                      そして、行き着いた(たまたま目に留まっただけで、色々、比較したわけではありません。)のが、次世代高速通信ネットワークのLTEにも対応したb-mobile4G WiFi3 ハッピーパッケージ”。LTE月間3Gまでオッケーなんです。
                      (b-mobileさんの画像を勝手に使っています。ごめんなさい)

                      使って1か月、通信量はと言うと0.5Gにもなりません。最初は、カウント値がいい加減なのかと思いました。そのくらい少ないのです。
                      使い方は、在宅時は、家内の有線WiFi無線ランを使い、出かけるときに、モバイルルータをオンにします。家ルータが見えなくなれば、Nexus7が勝手にモバイルルータにつなぎ替えてくれます。
                      要するに爺は働いてもいないし、外出するったって数が知れている訳なんですね。だから、3Gもいらないってことですね。

                      今後の計画は、電話のアプリを入れて携帯電話にすることも考えています。そうすれば、高機能スマホで月額2000円以下を実現できることになります。今でも、Skypeで音声通話できるのですが、相手が限られてしまうのが難です。

                       

                      2014.11.18 Tuesday

                      ”Higth resoluetion mosaic generator"はAndroid2.3.3では動作しません!

                      0
                        JUGEMテーマ:超高精細写真
                        以前の記事、孫のおもちゃを取り上げてPandroidWizで取り上げた話題なのですが、既に、”何だ動かないじゃないか”と怒っておられる方もおいでだと思います。
                        Android2.3.3では機能しないタグがあるために、うまく書き換えができないという不具合が見つかりました。
                        動作確認が不十分だったのか、制作過程でバージョンの一致の確認を怠ったためだと思います、ごめんなさい。

                        このために、娘の古い携帯のINFOBAR-A01は正式に孫のおもちゃになりました。
                        勿論、PandroidWizは間違いなくバッチリ動きますです。


                         

                        2014.08.13 Wednesday

                        ”Higth resoluetion mosaic generator”をNexus7でオフラインで使う第2弾

                        0
                          JUGEMテーマ:超高精細写真
                          Nexus7のキャッシュ機能を利用した、”Higth resoluetion mosaic generator”をNexus7でオフラインで使うで記さしていただいたところです。
                          今回は、Nexus7のSDカードに保存することで、完全にAPP化できたので報告します。
                          実は、Nexus7のキャッシュ機能は、シャットダウンが絡むと安定しないことがあります。その原因や因果関係は分かりません。そのため、ふとしたことで使えなくなってしまいます。SIMレスNexus7、外では”Net in”できないので致命的であります。
                          今回、千畳敷でこの状況になりました。幸い、プリセットファイルにデータが残っていたので、事なきを得ました。
                          一言でいえば、WEBサイトのデータをそっくりSDCARDにコピーして、それをGoogle chromeで実行させる。だけです。

                          WEBサイトのデータをそっくりSDCARDにコピー、大胆にも、PandroidWizのAPPフォルダに”generator”フォルダを作りそこに入れました。


                          ”Higth resoluetion mosaic generator”のぺーじのフルパスをコピーします。

                          プロパティは、ページのファイルを長押し(選択状態) → 右下の「他」メニュー → プロパティ へと進みます。

                          Google chromeのアドレス欄に記憶させたフルパスをペーストし実行させる。

                          続いて、右上のメニューで「ホーム画面に追加」を実行すれば完成です。

                          この時、◆↓をはしょって、HTMLビューワ等でページのファイルをダイレクトに開くと、うまく動きません。おそらく、リンクの修正ができずにJAVAのファイルが見つからないんだと思います。

                          これで、オフラインユースのマイNexus7で”Higth resoluetion mosaic generator”が完全なAPPになったわけです。
                          マイNexus7は、カーナビもオフライン(往路だけ)で使えますので、小旅行ならオッケーになった感じです。
                          さて!何処へ行くか・・・・。

                          2014.07.12 Saturday

                          星空プロジェクト2

                          0
                            JUGEMテーマ:超高精細写真
                             星空プロジェクトは、意外と手強い。
                            そもそも、星を追いかけると言っても\崙撒景式と緯経台方式の2種類があるらしい。
                            赤道儀方式は、地球の回転軸に合わせて、反対回転にすることで星を追尾する。一方、緯経台方式は高度・方位から星を追いかける。撮影画像はどうなるかというと、\崙撒景式では星達は点で写るが地平線が歪曲する。緯経台方式では、ターゲット星は点だが、周りの星達は、ターゲット星を中心とした円弧になり、地平線は直線になる。
                            これで、想像が着くように、\崙撒景式では緯度に合わせて、Panogearを三脚上で傾けて設置しなければならない。勿論、緯経台方式では、三脚上のPanogearは水平設置であります。
                            チンプンカンプンの爺、今までに時間が掛かったのは、緯経台方式で赤道儀方式の効果を狙っていたようです。つまり、XとYの回転軸にZ軸を追加しないと成り立たないってことなんですね。
                            つーことで、結論として赤道儀方式のコントロールにアタックと言うことになりました。
                            本来であれば、Panogearの内部で、連続的に地球の自転に同期した動きをさせるのがベターだと思いますが、無理なことですよね。
                            そこで、爺が考えたコントロールは、カメラは30秒シャッターにしておいて、その間に、数回(実際は5回)角度をずらしてダミーシューティング(空撮影)をさせる。と言うことです。

                            このためには、
                            .轡礇奪拭爾30秒固定。露出とISO明るさ調整。
                            安定した制御周期を得るために、タブレット端末はワイアレス機能等割り込みジョブを排除する。
                            PandroidWizの”Time value”の適正値を見つけ出す。爺のNexus7の場合は3.3秒が最適でした。

                            動きとしては、ジコーっと撮影ポジションに行く-30”シャッター作動-微角移動-空シャッター--微角移動-空シャッターを繰り返す-アイドルタイム中に30”シャッターが戻る-次の撮影ポジションに行く。
                            昨晩、ようやく梅雨空が一時だけ晴れてテストが出来ました。
                            左のイメージは制御OFF、中は理論値制御、右は20%補正。

                            倍率を統一しているわけではありませんが、取り敢えず、筋が点に近くなっているのは判別できますね。勿論、Stap細胞の論文のようなことはしていないですが、ラフなことは否めません。

                            お試しになる勇気をお持ちの方はこちらでご利用になれます。
                            http://www.imagefitter.com/generator/index_hosizora.html


                            爺の知識不足で理解できないまでも、参考にさせていただいたサイトです。
                            http://www2.synapse.ne.jp/haya/zeus/zenith_prob.html
                             

                            2014.06.28 Saturday

                            星空プロジェクト

                            0
                              JUGEMテーマ:超高精細写真
                               7月末にお山に行くことは以前お話しました。
                              ついては、どうしたって星空の撮影にチャレンジですよね。ですが、天体撮影どころか天体のことは全くの素人。
                              長時間露光だと星が線(勉強したら円弧になるらしい)になっちゃうことぐらいしか知りません。
                              爺としては、PandroidWizに自動追尾モードがあると嬉しいんですが・・・・。
                              取り敢えず、"Higth resoluetion mosaic generator"に追尾機能を持たせることにしました。(完成できる自信は全く無いです)
                              色々と構想を練るうちに、撮影位置の方位角が要るよな・・・。っつーことで、引き出しをゴソゴソ掻き回してゲットしました。
                              これで方位角を読んで、入力してやればオッケー牧場!
                              プラスチック板を加工し、回転できるようになっています。
                              出来栄えもグーなんです。
                              よしよしとひと安心して他の作業に・・・・。

                              1年ほど前、マイカーのカーナビが故障したので、中古をネット買い変えたのですが、それも、最近調子悪くなったので、Nexus7で代替できないかと、ネットで調べていました。
                              それについては、Google Map機能で簡単に代用が叶いそうであることが分かりました。
                              その過程でNexus7にはGpsが付いていて、いつも機能しているらしい。
                              何よ、それなら、コンパスもあるのかな?って調べたら。
                              売るほどありました。(売っていました)
                              勿論、フリーソフトで充分。




                              こうすれば、簡単に方位角がわかります。
                              夜でもハッキリ分かるしスマートですよね。
                              しかし便利になったものです。

                              さ、明日から"Higth resoluetion mosaic generator"の改造に取り組みますか。
                              でも、難しすぎて、脳内熱中症になりそうです。





                               

                              2014.05.09 Friday

                              実に安定している"PandroidWiz"

                              0
                                JUGEMテーマ:超高精細写真
                                 ポストWindows+Papywizardと言うことで、Android(Nexus7)+PandroidWizに移行して既に7ヶ月。プリセットジェネレータの”Higth resoluetion mosaic generator"を自作して5ヶ月が経ちました。
                                その間、数十枚のモザイク写真を撮影したわけですが、システム上のエラー・動作不良等は全く無し。
                                Papywizardを使用していた時は、あと1枚と言う時にエラーが起きて失敗したり、肝心な時にPanogearと接続できなかったりして、結構ストレスが溜まっていた記憶があります。
                                ビックリしたのは、撮影の真っ最中に、WiFiのフリーステーションに接続してしまい、Avast(セキュリティソフト)が警告してきたことでした。勿論、PandroidWizは撮影を続行していました。
                                っつーことは、他のことやっていても障害にならないんだ!。すごいじゃ、Windows+Papywizardでは、考えられなかったこと。それからと言うもの、空を撮ればいいような気楽な時には、次の撮影プリセットを準備する事もできるようになりました。こんなことなら、ロム付きのNexusを買っておけば良かったと後悔しておるしだいです。
                                今後は、撮影シーンの撮影(Nexus7のカメラ機能で)なんかもできるということですよね!(頭にメモしておこう)

                                 

                                2014.04.21 Monday

                                孫のおもちゃを取り上げてPandroidWiz

                                0
                                  JUGEMテーマ:超高精細写真
                                   娘が愛用していた3年ほど前のINFOBAR-A01。今や退役して孫のおもちゃになっていた。おいおい、それ使えるかも。
                                  で、孫を宥めてすかしてお菓子もあげて、爺のものに

                                  Android2.3.3だし、問題なさそう。
                                  既にESファイルエクスプローラもインストール済みだ。WiFiもBreutoothも揃ってる。
                                  早速、PandroidWizをインストールしてみる。まったく問題ない。
                                  起動させれば、即座にBruetoohtが起動してPanpheadとカップリング。PWを聞かれ、入力してやれば即接続。
                                  動作も完璧で、微調整などOSの実行速度に制約を受ける動作もまったくオッケー。
                                  続いて、”Higth resoluetion mosaic generator"との連携性のチェック。
                                  Google Chromeはインストール出来ませんでした。ですので、ブラウザは機器オリジナルのままで”Higth resoluetion mosaic generator"の動作を確認したが、全て正常でした。
                                  問題は、プリセットファイルへの書き写しでしたが、手続きの違いや表示の仕方が違うところは当然ありました。しかし、コピペ(書き写し)の基本が妨げられる問題は全くなくバッチリですよ。
                                  ま、Nexus7も買ったことだし、重量的にも変わらない3.5インチの小さい画面にするメリットはないので、乗り換えることはありませんが、代替機として揃えておく価値はありそうです。(しばらく、孫のおもちゃは☓)




                                  左のようにトランジット画面もある。

                                   

                                  2014.03.14 Friday

                                  ”Hight Resolution Mosaic Preset Generator”修復リスト

                                  0
                                    JUGEMテーマ:超高精細写真
                                     撮影画角指定機能を主な変更内容とする、今回の修復内容をまとめておきます。

                                    一番悩んだのは、撮影画角指定と撮影枚数指定をどう切り替えるかでした。
                                    一旦は、カーソル位置で自動的に切り替わる出来上がりました。デスクトップPC(XP)のGooglecrhomeでは良かったんですが、Nexus7ではどうしても動きません。調べてみたら、JavascriptのactiveElementは機能しないそうで。トホホ。
                                    仕方なく、リスト選択方式のアイテム追加しました。(ラジオボタンにすると、誤タッチでも切り替わってしまうので避けた)
                                    ああ、Bugが結構あるんだ!。というヒントを得ると、計算の振る舞いがおかしい(突然実行しなくなる等)のもScript関数のせいかなと納得。これも、他の関数を使った計算式にすることで解決ゾロ!。フー。

                                    2014_3版への修復リスト
                                    ■新しく加えたオプション
                                     1.四隅の確認プリセットデータ作成
                                     2.撮影画角指定を追加
                                    ■追加アイテム
                                     1.四隅の確認選択スイッチ
                                     2.撮影画角と撮影枚数の選択スイッチ
                                     3.画角入力ボックス
                                     .4実オーバーラップ表示エリア
                                    ■バグ対策で回避した関数
                                     toString,activeElement,ほか

                                    これで、”PandroidWiz"が更に楽しみやすくなれば幸いです。
                                    なお、日本語バージョンはいずれリリースします。それまでは、英語版だけとなります。

                                    2014.03.06 Thursday

                                    PandroidWiz 1.1 Beta2

                                    0
                                      JUGEMテーマ:ネットで話題のもの
                                       早速、"Papywizard"のアンドロイド版”PandroidWiz" Ver1.1 Beta2を公開してくれました。
                                      勿論、ブラケティング機能は正常に動作します。

                                      確認した環境:Nexus7(Android 4.4.2)
                                      ダウンロードはフォーラムサイト:
                                      http://www.three60views.org.uk/pandroidwiz/viewtopic.php?f=5&t=53
                                      登録が必要かも知れません。

                                      2014.03.04 Tuesday

                                      PandroidWiz 1.1 Beta

                                      0
                                         "Papywizard"のアンドロイド版”PandroidWiz" Ver1.1 Betaが公開されました。
                                        追加機能は、HDRに欠かせないブラケティングです。
                                        ControllウインドウとPresetsウインドウの間にBracketウインドウとして追加されています。

                                        しかし、残念ながらNexus7(Android 4.4.2)では、ブラケットは機能しません。Beta2以降に期待するしかないようです。
                                        ダウンロードはフォーラムサイト:
                                        http://www.three60views.org.uk/pandroidwiz/viewtopic.php?f=5&t=53
                                        登録が必要かも知れません。

                                        2014.02.05 Wednesday

                                        Higth resoluetion mosaic generator機能追加

                                        0
                                          JUGEMテーマ:超高精細写真
                                           PandroidWiz用のPreset書き込みツールの”Higth resoluetion mosaic generator"に機能追加しました。
                                          赤プー印の部分がそれです。
                                          1.撮影画像四隅の確認用preset出力。
                                           モザイク画像の四隅を、左上→右上→右下→左下の順に移動することで、四隅の位置を確認するものです。その四隅でシャッターも動作しちゃう「おバカ」ですが、ま、シャッターの動作確認つーことでご勘弁を・・・・。
                                          2.撮影範囲を角度で指定。これは、何と"PandroidWiz"作者mediavetsのご注文によるものです。
                                          小生の場合、単焦点のレンズ数本しか使わないので縦横の枚数指定で充分なのですが、ズームレンズも使われる方には必需モードなんですね。
                                          そう言えば、mediavetsは小生のために、PandroidWizのフォーラムにpresetsのスレッドを新しく作ってくれました。
                                          こちらです:
                                          http://www.three60views.org.uk/pandroidwiz/index.php

                                          そんな訳で、英語版が先行していますが、日本語版も後を追いますので、暫くの間、英語版でご辛抱下さい。
                                          http://www.imagefitter.com/generator/
                                           

                                          2013.12.30 Monday

                                          爺の10大ニュース2013

                                          0
                                            JUGEMテーマ:親爺の独り言
                                            爺の個人的・このブログ・撮影考等の狭い範囲の10大ニュース2013です。

                                            ●糖尿病発覚
                                             3月中旬、イチゴ狩り直後からイレウス(腸閉塞)になり、夜入院(これ単独でも10大ニュースですが・・・・)。その緊急手当中に血糖値380、HbA1C12.6であることで、即、糖尿病と確定診断。
                                            今では、イン注治療中です。HbA1c5.5で優等生の範囲内にいます。
                                            ●長男家族、転勤でインドネシアへ
                                            ●Panoshootに注目し買ってみる
                                             Panoshootの開発当初から注目していて売出後、様子を見て購入。今のところ蔵中!。
                                            ミステリードアを始める
                                             試して診ましたか?右っかしにあるドアです。
                                            ●マイテレビ"Panasonic DIGA+(ディーガプラス)"をプレゼントしてもらう
                                             40インチのデカテレビを見る時間が減り、エコに貢献大だと思いますよ。
                                            ●マイデスクトップPC熱暴走解決
                                             夏になると出ていたPCの熱暴走の原因が判明。ビデオカードの冷却ファンの固定が不十分でありました。
                                            このため、冷却出来ずに温度が上昇して暴走していました。しっかり固定しなおしたら解消しました。
                                            ●車山高原旅行
                                             カミさんと久しぶりの旅行を楽しみました。
                                            ●ポストPapywizardの準備
                                             Windows XPのサポート終了を間近に控えて、コントロールPCをandroidのNexus7に変更。ソフトもPandroidWizにする。
                                             また、プリセット生成ツールのプログラムを作ることもできた。(これがまた、国内外で評判が良くて・・・)
                                            ●Gogapanのプリントサービスを本格的に始める。
                                             しかし、Gigapanの経営危機も噂され、支援を始めることに。
                                            ●今年は人とのかかわりで芽が吹き始めた感じが・・・・。
                                             被写体に人物を入れたこと・ブログに声を掛けて頂いた皆さん・撮影中に話が弾んだ皆さん・・・・・・。今までときっかけに変わりは無いんだけど、何故か今年はそこから一歩先に進んでいます。幸せなことだと思っています。
                                            以上、今年1年を振り返ってみました。

                                            2013.12.25 Wednesday

                                            PandroidWizレビュー

                                            0
                                              JUGEMテーマ:超高精細写真
                                              PandroidWizの初撮りは、横浜MM21の全館点灯にしました。些か、欲張りすぎてトワイライトのつるべ落としにギリギリの感があります。

                                              画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。
                                              mamoo
                                              スマホで表示


                                              2013.12.24 Tuesday

                                              PandroidWizのフォーラムにまで首を突っ込んじゃいました

                                              0
                                                JUGEMテーマ:超高精細写真
                                                 事もあろうに、PandroidWizのフォーラムにも首を突っ込んじゃいました。
                                                http://www.three60views.org.uk/pandroidwiz/viewforum.php?f=1&sid=ef577852610d5ee10534a454590501ae
                                                あ!もしかしたら、アカウントを取らないと入れないかも・・・・。だったら、ごめんなさい。
                                                Panndroidの動きがスムースで嬉しかったので、作者のFrancis Vanhemmensにメールしたところ、紹介されてレビューとなってしまいました。
                                                将来的にはPapywizardのフルバージョンにしたいようですが、携帯電話を想定しているので制約が多いようです。
                                                それでも、僅かな使用の追加で実現できる事を感じ取ってもらえれば、やる気になってもらえるかしらね。
                                                期待して待っていましょう。
                                                PandroidWiz:Google play
                                                https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fvh.panoramic.pandroidwiz&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwyLDEsImNvbS5mdmgucGFub3JhbWljLnBhbmRyb2lkd2l6Il0

                                                2013.12.21 Saturday

                                                これは凄いPandroidWiz

                                                0
                                                  JUGEMテーマ:超高精細写真
                                                   このところ、関わりあっているPandroidWiz。使いこなしてみると、とっても凄いということが分かってきました。
                                                  凄いのは、Panogearの動作速度。あのPapywizardでも成し得なかったスピードがちゃんと出ています。
                                                  実は、フォーラムで幾ら動きがおかしいと言っても相手にされなかったのです・・・・。
                                                  Papywizardは、7度以下の旋回角度では最低速度になってしまいます。このためFrédéric(fma38)は代替オプションまで設定したのですが結果は失敗。Papywizardにはその残骸が残っています。ここに、300mmで5X5ショットのログXMLを左PandroidWiz、右Papywizardで比較してみます。
                                                  この限界は、レンズで言うと200mmなんですね。このために、300mmはお蔵が多かったです。

                                                  300mmレンズの場合、Papywizardでは横方向つまり画像の短い方は微速動作になってしまいます。
                                                  その結果、25枚のショットでもPandroidWiz2分41秒に対してPapywizard4分29秒と倍近い所要時間になってしまいます。
                                                  こういった話は、かなり日本クオリティ的な話なので、フォーラムでは全く通じません。
                                                  このため、ここに来て、やっと胸の閊えが取れた感じでホッとしています。
                                                  モザイクを愛好している諸氏においては、騙されたと思って試してみては如何でしょうか。

                                                  2013.12.20 Friday

                                                  PandroidWiz用"Higth resoluetion mosaic generator"まとめ

                                                  0
                                                    JUGEMテーマ:超高精細写真
                                                    これは”PandroidWiz”に向けたモザイクプリセット.XML生成ツールです。
                                                    Panogear(Merlin)とBruetoothを持っている方はお試しを。
                                                    名称:"Higth resoluetion mosaic generator"
                                                    日本語版                                        English version
                                                        
                                                    ユーザーズガイド                                   User's guide

                                                    動作環境はAndroid OSに対応しています。
                                                    動作はNexus7で確認しています。     

                                                    2013.12.06 Friday

                                                    Higth resoluetion mosaic generator日本語版

                                                    0
                                                      JUGEMテーマ:超高精細写真
                                                      PandroidWiz用のPreset書き込みツール、名づけて”Higth resoluetion mosaic generator"の日本語バージョンです。
                                                      もっとも、興味がおありになる諸氏にあっては、何ら不自由なことはないと思うのですが・・・・。
                                                      文字化けの問題があるので、英語でこさえてしまったわけですが、欧米スタンダードだから仕方がありません。
                                                      規格といえば、Nexus7でESファイルエクスプローラでデータをコピペする際に、改行コードを聞かれました。DOS-CR/LF,UNIX-LF,MAC-CRのどれかと言うんです。
                                                      間中の”UNIX-LF”が通りました。
                                                      また、ブラウザによっても動作の違いがあります。
                                                      IE8(骨董品?)では、データを入れ換えても即書き込みと言う訳には行きません。Crhome,firefoxでは期待通り動きます。
                                                       

                                                      2013.12.05 Thursday

                                                      PandroidWiz用のPreset書き込みツールを作ってみました

                                                      0
                                                        JUGEMテーマ:超高精細写真
                                                        PandroidWiz”は動きはスムーズで良いんですが、如何せんプリセットのXMLファイル(この業界では、Preset Generatorと呼んでいるらしい)がないと動かないんですね。
                                                        で、このプリセットXMLファイルは、
                                                        …召縫瓮眥△覆匹房蟒颪する。
                                                        既存のサイトで作る。
                                                        Papywizardで出力されたデータファイルを変換する。
                                                        の三通りぐらいなんです。
                                                        結局、現場の状況に合わせてプリセットファイル作ることは至難の業なわけです。
                                                        また、Papywizardの高機能を駆使しないと、撮れなくなってしまった小生としては、ストレスこの上もありません。
                                                        仕方なく、作ってみました。
                                                        Nexus7は、一度、Webから読み込むと覚えてくれるので、オフラインでも動きます。
                                                        これで、多少ですがストレスは解消します。
                                                        願わくば、”PandroidWiz”に組み込んでもらいたい。無理なら、プラグインで直接専用のプリセットフォルダ書き込みたい。等と希望を抱いているのですが・・・・。
                                                        Papywizardの機能のうち、対角コーナからの位置決めは今回省略しました。使っていると、その都度対角位置にカメラをふらなくても、縦横の枚数設定の方が早いってこともあります。
                                                        また、ちょっと空を多くしたいとか、水面を多くしたい時のために基準位置を動かせる機能を新たに設けました。
                                                        これからは、マニュアルの整備や日本語バージョン(何で英語で作っちゃったんだか・・・・。)を作ろうと考えています。
                                                        とりあえずベータ版ということで、お試しになって下さい。
                                                         

                                                        2013.11.30 Saturday

                                                        どうなるPanoshoot

                                                        0
                                                          JUGEMテーマ:超高精細写真
                                                           Panoshootは、二宮さんが仰言る通り、じゃじゃ馬なようですね。
                                                          それも、スタッフ共々のようです。
                                                          フォーラム:
                                                          http://www.kolor.com/forum/viewtopic.php?f=46&t=20382#p132132
                                                          ちっとも、アップグレード出来ずにブツブツ言っている人もいるみたい。
                                                          こちらとしては、今のところPanoshootに依存しなくて済みますのでいいのですが。そうじゃない人は大変みたいです。
                                                          縦方向のスピードが極端に遅い問題も、WiFiモジュールとPanogearのやりとりに不備があって、遅くしないとオーバーランがひどくなって制御出来ないようです。
                                                          はっきり言って、あんなマッタリした動きでは使えません。
                                                          あまり期待しないで、改善を待ちますかね。スキャンにしても左上から右に移動するモノパターンのために不自由でもあるし・・・・。
                                                          これだったら、T&Cの方がよっぽど早いし使いやすいです。
                                                          Papywizardが痒いところに手がどどいた素晴らしいソフトであるので、ポストPapywizardはハードルが高いです。
                                                          ここまで、話が戻ると、捨てがたいのは、以前紹介させていただいた”PandroidWiz”です。これからは、”PandroidWiz”を育てる手立てをした方が得策かもしれません。それには・・・・・。
                                                          うーん。ゆっくり考えるとしますか。

                                                          2013.10.24 Thursday

                                                          PandroidWiz(Papywizardのandroid版)の備忘録

                                                          0
                                                            JUGEMテーマ:ネットで話題のもの
                                                             タブレットNexus7でPanoshootに乗り換え-トレーニング-で試したPapywizardのandroid版"PandroidWiz"について、少し詳しくご紹介して、備忘録にしておこうと思います。
                                                             Papywizardのandroid版と言っても、Papywizardほど詳しい設定はする必要はありません。
                                                            一言で言うなら、プリセットコードにしたがって動くだけです。しかし、そのプリセットコードを作る機能はありません。
                                                            それだけ、余分な贅肉を削いで機能をシンプルにしてあるということですかね。

                                                            ハードは、Bluetoothのアダプタが必須です。制御は全てBluetoothを経由して行われます。端末に
                                                            Bluetoothが必要です。Papywizardは、WiFiの対応が出来ません(だからAndroidバージョンアップができなかった)。

                                                            PandroidWizのサイトはPapymerlinです。
                                                            http://www.papymerlin.com/pandroidwiz/what-is-pandroidwiz/
                                                            ダウンロードはGoogle Play。勿論、フリ-ソフトです。
                                                            https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fvh.panoramic.pandroidwiz&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwyLDEsImNvbS5mdmgucGFub3JhbWljLnBhbmRyb2lkd2l6Il0.
                                                            PandroidWizのマニュアルは、下記ページのPDFをダウンロードします。
                                                            http://www.papymerlin.com/pandroidwiz/pandroidwiz-manual/
                                                            厄介なのは、プリセットコードです。
                                                            マニュアルは、下記のページのPDFをダウンロードすれば手に入ります。
                                                            http://www.papymerlin.com/pandroidwiz/pandroidwiz-presets-manual/
                                                            面倒くさがり屋の人には、Papywizardで出力されたデータファイルを変換する方法もあります。
                                                            http://www.papywizard.org/wiki/DataToPresetConverter
                                                            この外部サイトは、最小限の設定で新規にこさえてくれます。
                                                            http://www.photosbykev.com/wordpress/tips-and-trick/merlin-preset-generator/

                                                            さ、後は、じゃじゃ馬"PandroidWiz"の配達を待つばかり。来るのは来月でしょうねーーー。

                                                            2013.10.21 Monday

                                                            タブレットNexus7でPanoshootに乗り換え-トレーニング-

                                                            0
                                                              JUGEMテーマ:超高精細写真
                                                               Nexus7の使い込みを兼ねて、KolorForumで紹介されていた、Android版Pandroidwizを試してみました。
                                                              ダウンロード・インストールはスムースで、あっという間に終わってしまった。アイコ   ンが出来たので、タップしたら起動した(当たり前なんだけど、初体験って言うことで、感動さ!)。
                                                              アイコンは、赤ブラシのところです。
                                                              たちまち、PapyMerlinを見付けてくれて、パスワードを要求されたので教えてみた。難なく、接続完了しました。

                                                              ちなみに、赤ブラシの10時半方向のEsファイルのアイコンは、PCのフォルダを見るツールでアプリは無料です。

                                                              Nexus7は、PCのように色んなソフトが入っていなくて快適です。ネットで調べたところ、何も入っていないので有名らしいです。
                                                              デスクトップの壁紙を変えてみたり、マイギャラリの表示を止めるなど、色々、カスタマイズしました。
                                                              意外と使いやすくて、快適なんですね。
                                                              とっとと使い始めていれば、良かったなと、些か、後悔しているところです。


                                                              本題に戻って、Pandroidwizを起動するとこんな感じです。
                                                              いきなり、BluetoothをONにして良いか聞いてきます。
                                                              当然、"許可"します。


                                                               Bluetoothを起動中。











                                                              これで、起動は完了です。
                                                              上下左右の矢印にタッチすれば、ジコジコ動きます。
                                                              Speedキーで、動作スピードも可変できます。
                                                              動かしていると、アームの位置を聞かれることがありますが、良く解りません。
                                                              何れにしても、プリセットモードだけの動作を想定しているようで、詳しい設定やモザイクモードはないようです。

                                                              プリセットの変更は右の画面の赤ブラシをタップすると、下の画面のようになり、選択できます。




                                                              とりあえず、Pandroidwizをインストールしてみました。これだけでも、Nexus7が使えないってことはないのがはっきりしました。また、Pandroidwizを使いこなせば、Panashootのバックアップソフトとして使えそうなので、ちょっと安心をしました。
                                                              このコードファイルは:内部ストレージ>>PandroidWiz>>Presetsにあります。
                                                              一方、撮影データのPapywizard XLMファイルは:内部ストレージ>>PandroidWiz>>XMLAutoPanoにあります。
                                                               

                                                              ▲top