ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2013.10.29 Tuesday

Panoshootを起動してみる

0
    JUGEMテーマ:超高精細写真
     Panishootの起動は、PapywizardをはじめとするPCのアプリケーションとは概念が違うんですね。つまり、アプリケーションを直接起動するのではなく、ブラウザでPanoshootの筐体にアクセスするということなんです。
    丁度、ルーターにアクセスするのと同じです。だから、ユーザーインターフェイス(コントロールやConfigのウィンドウ)にしても、全てPanoshoot(192.168.245.1)で持っている。これが理解できなかった時は、Panoshootのダウンロードサイトをいくら探してもFirewareしか無いのがおかしい。っと、思っていました。

    さて、起動となると、OSのAndroid・ブラウザのChrome・タブレットの画面操作といずれも未経験の、言わば、ITのヘレン・ケラー状態でクリアしないといけないわけで、年老いた頭が痛いです。

    まず、PanoshootとNexus7をつないでみる。
     PanogearのAUX側にPanoshootを差し込んで電源を入れる。
    次に、Nexus7の設定-WiFiを確認するとちゃんと、Panoshootがリストアップされています。
    Panoshootを選択肢して、接続とやればつながり
    ます。

    続いて、デスクトップに戻って、Chromeを起動して、アドレスバーに192.168.245.1を入れて展開させれば右の画面が出てきます。
    かなり、簡単に起動できますね。

    ここまでのワークフローについては、フィールドに出た時にパニックにならないために、Nexus7のスリーブ直後はどうなるか・Panoshootの電源を入り切りするとどうなるか等、色々なケースの挙動を確かめておきます。

    余談:ジョイスティックでPanogearは軽快に動きます。でも、ガンガン動かすとモーターが悲鳴を上げそうで、ほどほどにしておきます。







     

    2013.10.27 Sunday

    Panoshoot来ました!

    0
      JUGEMテーマ:超高精細写真
       10月19日に注文したPanoshootですが、26日に配達されてきました。1周間です。東南アジアに比べるとヨーロッパ方面は速いですね。
      投函箱は、通関でグチャグチャ。
      でも、中身は無事でした。と言っても、入っていたのはこれだけ、後はKolorの送り状。高いもの買った割りには、もうちょっとあってもいいと思いますが・・・・・。とにかく、これだけ!。
      宅配業者さんには、1000円請求されました。内訳は、通関料200円消費税800円でした。
      Duty freeで、税金は0円なのに消費税700円とは実に不可解な。それも、計算上の切り捨ての法則が分からず、ホッペが膨らむばかり。
      不服申し立ての案内は入っているものの、さすがに、面倒くさいのでポイ。
       という訳で、早速、開封と行きます。が、あれ!
      ジョイスティックがないじゃん。いくらなんでも、日本国の税関が壊すはずもなく、制作・出荷段階のことなんだろうとと思います。
      ダメ元で、Kolorにメールしてみますかね。
      自前で手作りした方が、愛着もわくし気に入ったものができるんだけど・・・。
      Panogearの時はひどかった。
      まず、バッテリの一つが不良品で直ぐあがってしまい、駆動部分の過トルク吸収部分のゴムパッドがはみ出していて、ギアーに噛みこんで、旋回不良を起こしていたり、Firmewareのバグがあったりで、2.3ヶ月使い物にならなかったのを覚えています。
      今回は、どうですかね?楽しみだーーーー。
      取り急ぎ、到着のご報告です。
       

      2013.10.22 Tuesday

      意外と簡単じゃん-Nexus7-

      0
        JUGEMテーマ:ネットで話題のもの
         スマホも知らない小生が、タブレットを使いこなせるのか。ポストPapywizardでもお話しましたが、特に困るようなことはありません。とりあえず、デフォルトが携帯のキーボードで難儀なので、PCタイプのフルキーボードに設定変更しました。
         PCとファイルのやりとりをするのに、アプリが要るようなので、ESファイルエクスプローラーをインストールしたところ、Nexus7でPCの中身は、バッチリ見えるようになりました。
        でも、PCでNexus7の中が見れないんですね。検索キーが悪いのか、ネットでも引っかからない。かろうじて、USBケーブルでつなぐ方法をヒット。折角、WifiでLANに接続しているのにスマートじゃないけど仕方ない、
        つないでみると、PCでは、新しいディバイスを認識、ドライバのインストールが終わって、使えるようになったメッセージとともに、右のウインドウが開いた。
        空白で気味が悪いが、XPにはNexus7を開くプログラムが無いってことなのでOKでしょう。
        次に、マイコンピュータを開いてみる。
         
        ちゃんとNexus7が居るではありませんか。なーんだ、ここに居るということは、USB接続のHDDと同じこと。
        つまり、書き込み・読み込み・削除・移動となんでもござれ。で、開いてみると、
         
        こんな感じです。
        なんとまあ、意外と簡単じゃーん!。逆に、脇が甘いっていうレベル以前の問題で、セキュリティゼロですよね。
         ま、便利とセキュリティは裏腹なんだから、仕方がありません。用心!用心!。

        2013.10.21 Monday

        タブレットNexus7でPanoshootに乗り換え-トレーニング-

        0
          JUGEMテーマ:超高精細写真
           Nexus7の使い込みを兼ねて、KolorForumで紹介されていた、Android版Pandroidwizを試してみました。
          ダウンロード・インストールはスムースで、あっという間に終わってしまった。アイコ   ンが出来たので、タップしたら起動した(当たり前なんだけど、初体験って言うことで、感動さ!)。
          アイコンは、赤ブラシのところです。
          たちまち、PapyMerlinを見付けてくれて、パスワードを要求されたので教えてみた。難なく、接続完了しました。

          ちなみに、赤ブラシの10時半方向のEsファイルのアイコンは、PCのフォルダを見るツールでアプリは無料です。

          Nexus7は、PCのように色んなソフトが入っていなくて快適です。ネットで調べたところ、何も入っていないので有名らしいです。
          デスクトップの壁紙を変えてみたり、マイギャラリの表示を止めるなど、色々、カスタマイズしました。
          意外と使いやすくて、快適なんですね。
          とっとと使い始めていれば、良かったなと、些か、後悔しているところです。


          本題に戻って、Pandroidwizを起動するとこんな感じです。
          いきなり、BluetoothをONにして良いか聞いてきます。
          当然、"許可"します。


           Bluetoothを起動中。











          これで、起動は完了です。
          上下左右の矢印にタッチすれば、ジコジコ動きます。
          Speedキーで、動作スピードも可変できます。
          動かしていると、アームの位置を聞かれることがありますが、良く解りません。
          何れにしても、プリセットモードだけの動作を想定しているようで、詳しい設定やモザイクモードはないようです。

          プリセットの変更は右の画面の赤ブラシをタップすると、下の画面のようになり、選択できます。




          とりあえず、Pandroidwizをインストールしてみました。これだけでも、Nexus7が使えないってことはないのがはっきりしました。また、Pandroidwizを使いこなせば、Panashootのバックアップソフトとして使えそうなので、ちょっと安心をしました。
          このコードファイルは:内部ストレージ>>PandroidWiz>>Presetsにあります。
          一方、撮影データのPapywizard XLMファイルは:内部ストレージ>>PandroidWiz>>XMLAutoPanoにあります。
           

          2013.10.20 Sunday

          ポストPapywizard(Panoshootに乗り換え)

          0
            JUGEMテーマ:超高精細写真
             Kolor社のパノラマ撮影ソフト-Papywizard-は、既に開発を終えています。後継ソフトは-Panoshoot-です。また、モバイルPCのOSもWindows XPのため余命わずか。仕方がないので、制御系を一新することにしました。
            Panoshootは、ほとんどのスマートホン・タブレット端末で動作するようです。選んだものはgoogleのNexus7。値段も手頃でいいかなってとこです。2012年型でも動けばいいかなと思って行ったのですが、ちょっと惨めな気持ちになっちゃいそうだったので、2013年型を買ってしまいました。
            店員にAndroidは初めてですかと聞かれたので、いい説明書でもあるのかなと思っていたら、500円で設定しますということ。却下!
            買ってきたものを点けたら、何よ、いきなりスペイン語(多分)じゃないですか。
            早速、ネットで検索。アイコンの模様を頼りにLanguageの変更に辿り着く。しかし、"Japanies"がありません。場所が違うかなと、何度やっても見つからず。結局、リストを最後までシャーシャーってやったら、"日本語"って出てきました。フー!
            Wifiの設定などは、スペイン語(多分)の状態でやってしまったので特に問題なし。と言うより、IDやキーが分かっていれば、凄く簡単に設定できますね。
            ビックリしたのは、パッケージ。取扱説明書のたぐいは一切なし。ユニクロで買った服のほうがタグが多い。
            これからしばらくは、タブレットの使いこなしですかな。ネットで見付けた取扱説明書をデスクトップに貼り付けて、しばし特訓と言うことになります。
            Panoshootは、America Amazon・Kolor何処にするか、ユーロにするかドルにするか考えたんですが、若干、ドルの方が安いものの、Kolor社のサポートを期待してユーロのKolorにしました。小包便にしたので着くまでにはしばらく掛かりそうです。
            Panoshootの導入については、詳しいレポートをしようと考えています。
             

            2013.04.20 Saturday

            究極のキャリア1.3kg

            0
              JUGEMテーマ:超高精細写真
               この頃、歳の性だか糖尿病によるものだか体力がなくなって、特に腰の負担が大きくなってきた。
              トレッキング等の場合ならともかく、街なかの風景を撮るような時は、背負っていなくてもキャリアで転がしていても差し支えない。ですが、その都度バッグを変えていると、詰替えが大変で、忘れ物も出てくる。二刀流のバッグは背負い心地のイマイチです。
              そこで、キャリ-バッグをバラしてキャリー部分(重量1.3kg)を取り出して、背負いバッグとドッキングさせてみました。
               
              底板・背板・キャリーバーはオリジナルのまま。
              底板にスポンジマットを敷き固定ゴムロープを取り付けた。
              背板の縁には、車用の縁取りクッション材を貼り付けました。
              キャリーで使う時はこんな感じ(バーはもっと伸びます)。


              キャリアごと背負う時はこんな感じです。
              階段が多い電車移動用にと考えましたが、バリアフリーの地域であれば使わなくても済みそうですね。1.3kgのオーバー重量だって堪えますよ。ね!

              2013.01.10 Thursday

              Panogearユーザに朗報"panoshoot"

              0

                  ラスベガスで開かれている”International Consumer Electronics ”からの報道で、Panogearを制御するWifiツールとしてPanoshootが出たようです。(それも村田製作所のブースで展示)
                Kolor Forumの記事
                http://www.kolor.com/forum/p110050-today-08-37-54#p110050
                発売サイト
                http://www.panoramicessentials.com/panoshoot-wireless-control-solution-for-panogear.html
                Androidスマートフォン、Androidタブレット、iPhone、アプリ、Chromebook、キンドル、PCまたはラップトップから、Panogearを操作できるようです。ジョイスティックや音声操作なども可能なようです。

                小生は、工人舎のPAシリーズとPapywizardで満足中ですが、次期のコントロールシステムとして楽しみにするつもりです。

                 


                2012.06.22 Friday

                PapywizardのBluetoothルートの変更

                0
                   Panogearは、Papywizard(制御ソフト)をインストールしたPC(工人舎PA)からBluetoothまたはTTLケーブルを介してコントロールしています。
                  ここで、BluetoothはPCIのBT-MicroEDR2X(市販品)とPCに内蔵しているものとの2系統を持っています。
                  そして、主にPCIのBT-MicroEDR2X(市販品)を使っていましたが、ここへ来て、
                  Papywizardのクラッシュが起こる(確立10%程度)
                  ようになりストレスがたまるので、何かドライバの干渉でもあるのかなと思い、そっくり削除してPC内臓のBluetoothに乗り換えてみました。
                  ま、どちらもClass2ですから10m程度の到達距離ですので強度的には変わりません。
                  TTLケーブルにすれば良いのは分かってはいるのですが、ダサいのが嫌で格好を付けております。

                  2012.04.29 Sunday

                  大型連休に間に合ったキャリーバッグ

                  0
                    JUGEMテーマ:超高精細写真
                     もう、何代目か数え切れないキャリーバッグですが、この際にご紹介しておきます。
                    まず、インナーフレームです。

                    1.天板は、Panogearの出し入れをしやすいようにウイングアップします。
                    2.左下は、予備バッテリーのスペース。
                    3.右下は、レンズスペース。
                    4.右中は、モバイルPCの収納スペース。

                    これをバッグに納めると、

                    こんな感じになります。
                    ここで、天板の上はオプションスペースで色々につかいます。
                    1.弁当など飲食物の収納。
                    2.200mmレンズの収納。(写真:下-左)
                    3.軽量三脚を載せるスペース。(写真:下-右)
                    三脚の固定バンドはお手製です。

                    200mmレンズを使う時は、軽量三脚だとブレが出るので、専ら重量三脚を使うのでこのような共用配置にしました。
                    ん! と言うことは、200mmレンズを使う時は、飲食抜きってか?。

                    総重量は、軽量三脚を載せた状態で9kgになります。(勿論食事なし)
                    このバッグを背負っているのがいたら、それは私です。

                    2012.01.11 Wednesday

                    手元が暗いプリンタ

                    0
                      JUGEMテーマ:親爺の独り言
                       去年の暮れプリンタを新しくしました。小生の場合、写真のファイルがとにかくビッグなので、DVDに保存することが多く、レーベルの印刷が主なんです。エプソンもそうだったんですが、キャノンもレーベル印刷補助板の差込口(つまり排出口)の手元が暗いんです。メーカーさんに改善をお願いしようかなと思っていたいました。
                      ところが、100円均一ショップでいいもの発見。
                      明けると光るLEDライト:http://cando-web.co.jp/m/standard/detail.php?item=266&page=1&genre=7
                      マグネットは、嵩張るので冷蔵庫にくっついてたものを拝借。

                      こんな感じで、円満解決。105円で済むとはねえ・・・・。

                      ▲top