ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2015.12.17 Thursday

まだ引きずってるイレウス(今回のレベルは1/10)

0
    JUGEMテーマ:健康
    11月30日に発症したイレウス。目下、リカバリーの最中なんですが、夜中にお腹がムズムズする夢を夢を見ました。
    は!ッとして目を覚ましたら、その通りムズムズしていました。
    前夜の夕飯、ちょっと多いな!残そうかなと思いつつも、ま!いいか。と、食べてしまいました。
    結局、このくらい、ほとんど予感のような、心のつぶやきを実行するかが、発症の境目となるんですね。
    このムズムズ、排便と胃腸薬の服用で治まりました。だから、あの激痛、1回あったぐらいで済んだんです。
    また、リカバリーのやり直しとなります。このまま、お正月になってしまいそうです。
     

    2015.12.04 Friday

    爺のイレウス予防法

    0
      JUGEMテーマ:健康
      10回近い入院を経験している爺の、経験談的イレウス予防法。
      逆説、こんなに入院してんじゃ、爺はイレウスの予防はできていないのかも知れない。
      爺は、イレウスの他に、糖尿病でイン注・高脂血症で薬治療(効果ないので今は止めている)の持病がある。
      また、身体的には、膵臓の尾部・脾臓・左の副腎を切除しています。
      こうしたことから、概して食べ物や外出にかなり気を使う生活をしています。

      ともあれ、爺のやっていることを紹介します。
      1.排便を促す生活をする
      寝起きに、番茶をいただく。腸を温め水分を補給して、腸を目覚めさせて排便しやすくする。具体的には、お茶を飲んで30分ぐらいすると、お腹がグルグル言ってきます。
      2.薬をのむ
      漢方₍大建中湯₎や下剤(マグミット)をきちんと服用する。
      3.腸内細菌にも気を遣う
      ヨーグルトとオリゴ糖によって、少しでも、腸内細菌のバランスを良くします。ただし、オリゴ糖は下剤の作用もあるので、コーヒー等にオリゴ糖を入れて飲んだときは、マグミットを間引くこともします。
      4.禁止食物
      こんにゃく・ゴボウ・ゼンマイ(山菜)は生涯禁止。最近、追加されたのは、”もち米(加工食品含む)”。
      トウモロコシは、時に食べたくなるので、口の中でコーンクリームになるくらい噛む。昆布も同じく、ダシになるまで噛む。
      パスタ系は、うっかり食べてしまいがちなので、禁食サイドに入れておく。半分量に抑えるようにする。
      半分量と言えば、丼ぶりもの等も同じ。ご飯の量は130gにしてもらう。(残すのは良くない)
      5.気ままに生きる
      ストレスが溜まると、腸の萎縮が起こって腸内細菌のバランスが悪くなるので、いつもノホホンとしている。
      これが結構難しい。イベントがあればどうしても気になるし、現実に、そんなときに発症している。

      こんな具合です。
      ここまでしていても、ちょっとした油断で、前回は重度レベル10/10(意識混濁寸前)をやらかしています。
      前回の記事の、予感をもっと信じて行動することで、何とか、長生きしようと思っています。

       

      ▲top