ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.08.24 Friday

ロックオンされた!

0

    JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

    爺のTANKにはクルーズコントロールが付いている。購入直後のトレーニングではできたが、所用で高崎に行くにあたって試してみた。

    しばらくはセット方法を思い出せずに、あれこれ試したり考えたり、走りながらでないと動作しないのでちょっと危ない。

    PAにでも入って取説を読まんといかんかなと思ってるうちに出来た。

    今のクルコン(クルーズコントロール)は、設定速度を増減できるのでかなり使いやすい。

    また、前車に追いついたら、アクセルをふかして前車を追い越して再びクルコンを継続なんて芸当もできる。特に上り坂のシーンでは有効だ。

    設定速度のお勧めは、まわりの車より5km/hほど遅めが良い。前方の車もいなくなり快適に走れる。時折、ブオーッと追い越していく車がある。

    参考値としては85km/h〜95km/hですが、臨機応変で考えるとよい。つまり、適正な設定値を考えあぐねていると、全く眠くならないので絶対にお勧めです。

    うまくいくと、前後の視界に車がいない高速空間を満喫できる。

    ところが、単独走行と思ったものの、後ろにレクサスがピッタリいる。2台の空間がしばらく続く。登っても下ってもピッタリついてくる。

    レクサスなんだからTANKになんんかついてくんじゃねーよ!

    よく考えてみたら、おー”ロックオン”されてるんか。アクティブクルーズコントロールか!御見それしました。

    意地悪して車線を変えたら、プーッと追い抜いて行った。

    なんか、気持ち悪い感じがしたのは爺だけでしょうか。

    そのうちに、ロックオンジャマー機能がオプションになるかもです。

     


    2018.08.21 Tuesday

    ノルウェー・リランド

    0

      JUGEMテーマ:超高精細写真

      バケーションの作品が多くなっています。自然はどこか似たところがあるものですね。


      画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。



      2018.08.19 Sunday

      フニクリ・フニクラの街が素敵

      0

        JUGEMテーマ:超高精細写真

        イタリア・ナポリのカステッランマーレ、素敵に写ってます。


        画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。



        2018.08.16 Thursday

        ハリウッドの水辺

        0

          JUGEMテーマ:超高精細写真

          山腹の看板があるハリウッドしか知らない爺、ウオーターフロントがあるなんて想像してませんでした。なかなか素敵じゃないですか。


          画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。



          2018.08.14 Tuesday

          着物警察

          0

            JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

            イメージと本文は関係ありません。

             

            先日、孫のオーディション帰りも電車の中。

            着物を召した三人の女性。座席がなくたっていたのですが、仁王立ち風にむんずと手摺につかまっているんですね。

            座っている爺から見ると、当然腕の奥(八ツ口の奥)まで見えてしまうんです。(有り難すぎて、目のやり場が・・・・)

            袖口を覆うしぐさは、踊りの振り付けにもあるくらい色香の漂うものなんです。

            爺の喉元まで出かかったのではありますが思い留めました。

            そして、となりの孫に、盆踊りの振りを見せて、この手の動きは、ああゆうときに袖口を覆うしぐさのことなんだよと教えたものでした。

            あの時、声をかけなくって良かった、いま、着物警察なんて言われているんですね。

            #着物警察  https://twitter.com/hashtag/#着物警察


            2018.08.12 Sunday

            火星も素敵

            0

              JUGEMテーマ:超高精細写真

              火星の写真は数えきれないくらいアップされています。中でもこの一枚、地球にもありそうな景色。ちょっと素敵じゃないですか!


              画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。



              2018.08.09 Thursday

              珍しいスエーデンの景色

              0

                JUGEMテーマ:超高精細写真

                雪景色や星空は時折見かけるのですが、緑のスエーデンも素敵ですね。


                画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。



                2018.08.07 Tuesday

                香港ビクトリア山頂からの眺望が素敵

                0

                  JUGEMテーマ:超高精細写真

                  香港、ここからの眺め凄いですね。ケーブルカーで上がれるようです。それにしても、建設ラッシュが続いているんですね。


                  画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。



                  2018.08.05 Sunday

                  人間どこでも危ういところで生きてるんだな

                  0

                    JUGEMテーマ:超高精細写真

                    前は海、後ろは切り立った岩山。ノルウェー・フィヨルドのアーダルです。平穏さわ伝わってくるものの、日照・温度・物流・娯楽総合的に耐える所が多そう。


                    画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。



                    2018.08.01 Wednesday

                    位置の共有でストレス減

                    0

                      JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

                       

                      Google mapの機能に現在地の共有サービスが2017年4月から始まっています。

                      爺と婆、お互いに現在地を共有しています。

                      二人とも行動を知られても全く問題ないので続けています。

                      使ってみると、不思議にストレスが全く無くなっているんですね。

                      爺のストレスは、婆が鉄砲玉で家を出たっきりしばらく帰ってきません。

                      婆は「納豆を買いに行ってくるね」っと出たっきり、2.3時間帰らないこともざらにあります。帰ってくれば、両手に一杯の買い物荷物。婆は重い重いとぶつぶつ・爺は納豆じゃねーじゃねーかとブツブツ。

                      結局、婆にしてみれば、納豆と言った手前今更「迎えにきてよ」とも言えず頑張っちゃう。

                      爺は、10分で戻るはずが何時間たってんだってイライラ。

                      これが現在地の共有サービスを使うと、婆嫌に遅いな!今どこだ?っとGoogle mapを見ると(実際は、ホーム画面にアイコンがある)婆の居場所或いは居た場所(位置不明時は直近で居たところ)が表示されます。なーんだまだ買い物してんだって爺は納得できるのでスッキリ。
                      先日、婆は友人と二人で3泊4日のトレッキングへ出かけたが、かなりコマ切れではあったが、移動の様子が把握できたので、心配することはほとんどなかった。

                      山中の場合、コースの分岐箇所・景勝地・山小屋等で位置が分かるようです(完全ではありません)。一泊だけ山小屋に着かなかったので心配しましたが、天気も良いし大丈夫だろうと判断しました。(こんな時は、山小屋に電話すれば確認できるでしょう)

                      爺は、咄嗟の気分で写真を撮りに出かけちゃいますので婆も愛用しているようです。婆が連絡してきても「何処にいるの?」とは聞いてこないで、「何時に戻るの?」ってだけです。

                       

                      使い方の紹介サイト

                      https://dekiru.net/article/15206/


                      ▲top