ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 東北の旅4(山寺) | TOP | 風景写真が素敵なアート >>

2016.02.11 Thursday

忘れたな!と思っても

0
    JUGEMテーマ:糖尿病と向き合う
    いやー!昨夜は”ビックリポン”でした。
    家内の友人がお昼頃我が家へ。爺もビールをチビリチビリやりながらご相伴。

    夕方、友人が帰るころにはほろ酔いどころではなくなっていました。
    その後、懐メロの録画を見ながら、ご機嫌に過ごして、ご失神。

    9時ごろ、目覚めたものの、夕食の記憶がなく、夕食前後の薬・イン注のを忘れたな!っと思ってしまいました。
    んで、早速、薬・イン注を。安心してご就寝。

    夜11時ごろ、汗をビッショリかいた低低血糖で目が覚める。しかし、身体の自由が利かず、思考能力も極端に低下。
    ただ、ワーワー叫ぶだけ。ブドウ糖の名前すら浮かばず。
    婆に手助けしてもらって、やっとの思いで立ち上がり、ブドウ糖のところに行けた。そして、これを溶かしてくれと言うのがやっと。
    2包を溶かして飲んだけど、改善されず焦った。もう2包呑んでようやく落ち着きました。

    結局、夕食時のインスリン注射をダブってしまっただけで、こんなことになろうとは…。
    そう言えば、トレーニング入院で、”インスリン注射は忘れてもそのままにする”決して打ち足さない。って教わった気がする。
    年間1000回を超える注射。数回忘れたってどうってことはない。ダブった時に起こる、低血糖の方がよっぽど深刻ってことですね。
    律儀すぎる爺の性格が災いとなってしまいました。婆がいなかったら、どうなっていたんだろう…。

    コメント

    コメントする









    ▲top