ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 新年のフルムーン(おまけ) | TOP | 2月のフルムーン >>

2015.01.12 Monday

お月さんを撮るのに便利なサイトなど

0
    JUGEMテーマ:超高精細写真
    パチリ写真と違って、何十枚も撮って一枚につなげる爺の超高精細写真は、お月さんやお陽さんが相手だと、狙ったシーン1枚しか撮れません。
    ですから、シーンイメージや構図を事前こしらえておかないと思い通りの写真になりません。思い通りに撮れたって、いいなーと思えるものとも限らないし・・・・。

    そこでまず、お月さんの出る時刻・方位・月齢を調べます。
    利用させていただいているサイトは:
    http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/dni15.html

    あとは、地図のサイトを開いて、画面に分度器を押し当てて色々想定していたのですが、いつの間にか、分度器が無くなっていました。
    何か良いソフトは無いものかと検索していたところ、このサイトに行き着いたということであります。
    http://www.mapli.net/distance/

    左のイメージは、結果の表示で東京駅と大阪駅の距離・方位角がわかります。
    右は、クロスポイントにそれぞれの位置を合わせるツールで、グリグリっとやるだけです。
    かなりの精度なので、ピンポイントで撮影場所を選ぶことができます。
    このようにして、何か所かの撮影ポイントをピックアップします。

    その次は、現地に赴いて構図・シーンイメージを固めます。
    現地では、androidアプリのコンパスがものを言います。

    ま、こんな具合で予めの準備をするわけなんですね。
    それで、ようやく本番の当日を迎えます。
    こうしたことを、大変だと思うか楽しみを膨らましてると思うかは、意見が分かれるところでしょうかね。

    だから、爺の写真は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。? 聞こえない!




     

    コメント

    コメントする









    ▲top