ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< つくづく羨ましいアルプス | TOP | 落ち着いた構図がいい1枚 >>

2014.02.24 Monday

不可解な血糖値

0
    JUGEMテーマ:糖尿病と向き合う
     糖尿病が発覚したのが昨年3月。間もなく1周年です。
    Ha1cが11.5から5.5に下がったこともあり、大手を振って血糖値の話をします。
    1.計測
     当初、医師に勧められるがまま、漫然と食前つまり空腹時の血糖を測っていました。指導書等すべての資料の空腹時の血糖を元にしていますよね。
    その結果、食事から血糖値測定まで(つまり食前まで)まんじりともしないで(食事的にという意味です)前食の内容を考えることになります。こうして、糖尿病治療食を体得しろと言うことなんでしょうね。
    しかし、食事の質やインスリンの効きを的確且つ速やかに掴むには食後2時間値が良いのを考えつく。勿論、計測する時間帯とその目的は密接に関係しているのはあたりまえなんですけどね。
    その結果、低過ぎればちょっと間食を・・・。なんて事を考えるわけです。
    2.なんでこんなに高い?
     10日ほど前に風邪をひいたのですが、同じ食事でも食後2時間値で180〜190と高い。え〜、そんな・・・・。
    遂に、膵臓がおかしくなったか?。また入院かな?。と、トホホをしたものの、ネットで色々調べたら、病気になると血糖値が上がるんだということが分かりました。シックデイ対応はトレーニング入院で習ったものの、血糖値が高くなるなることは教わらなかった・・・・。
    3.なんでこんなに低い?
     お正月以来、成績優秀もあって、時々、お酒を頂くことにしています。一応、孫が来た。お鍋を突っつく。等、明確な理由がある時だけ。
    ところが、そんな日に限って、食後2時間値が70〜80と異常に低い。慌てて、甘いものを食べる始末。そのうちに、飲酒と低血糖の関係に気付く。どうやら、肝臓が忙しくて糖が上がらないらしい。いいじゃ!。
    ま、それでも、コレステロールや肝機能の事もあるから、むやみにオッケー牧場って訳にもいきませんよね。せめて週一ぐらいに留めておきますか。

    参考にさせていただいたサイト:
    http://www.abbott.co.jp/general/diabetes/tonyo/5-1.html
    http://castela.blog104.fc2.com/blog-entry-64.html
     

    コメント

    コメントする









    ▲top