ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Panoshootを起動してみる | TOP | Panoshootの使いこなしに強い味方(タブレットにマウス) >>

2013.10.30 Wednesday

Panoshootの試し撃ち

0
    JUGEMテーマ:超高精細写真
     Panoshootは、Papywizardの完成度とは比べ物になりませんね。しかし、扱い易さや安定性と言う観点からは、見るものがあるかもしれません。
    右の画面は、モザイクの撮影が終了した状態です。
    幻想の小田代原で紹介したものを背景に使ってみました。

    Panoshootのシステムは、設定と撮影が設定ファイルを介して、基本的に分かれています。一気通貫のPapywizardは、設定Andゴーで済みますが、Panoshootは、設定AndセーブAnd選択Andゴーとなります。
    その都度、画像構成や撮影順序やブラケットを何枚にするか等、色んなファクターを考慮に入れて撮影すると言う思想が、合理性で排除されている感じです。
    とりあえず、決まったパターンで撮ればいいじゃん。ってことですかね?

    試し撃ちで見付かった不具合は、いくつかあります。中でも厄介なのは、Picht方向の移動速度が極端に遅いことだと考えています。これについては、色んなチェックを試みて原因を特定してみたいと思います。
    今日は、久しぶりに天気も良いので、のーんびりと横浜港にでも出かけてきます。

    コメント

    コメントする









    ▲top