ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< Panoshoot来ました! | TOP | Panoshootの試し撃ち >>

2013.10.29 Tuesday

Panoshootを起動してみる

0
    JUGEMテーマ:超高精細写真
     Panishootの起動は、PapywizardをはじめとするPCのアプリケーションとは概念が違うんですね。つまり、アプリケーションを直接起動するのではなく、ブラウザでPanoshootの筐体にアクセスするということなんです。
    丁度、ルーターにアクセスするのと同じです。だから、ユーザーインターフェイス(コントロールやConfigのウィンドウ)にしても、全てPanoshoot(192.168.245.1)で持っている。これが理解できなかった時は、Panoshootのダウンロードサイトをいくら探してもFirewareしか無いのがおかしい。っと、思っていました。

    さて、起動となると、OSのAndroid・ブラウザのChrome・タブレットの画面操作といずれも未経験の、言わば、ITのヘレン・ケラー状態でクリアしないといけないわけで、年老いた頭が痛いです。

    まず、PanoshootとNexus7をつないでみる。
     PanogearのAUX側にPanoshootを差し込んで電源を入れる。
    次に、Nexus7の設定-WiFiを確認するとちゃんと、Panoshootがリストアップされています。
    Panoshootを選択肢して、接続とやればつながり
    ます。

    続いて、デスクトップに戻って、Chromeを起動して、アドレスバーに192.168.245.1を入れて展開させれば右の画面が出てきます。
    かなり、簡単に起動できますね。

    ここまでのワークフローについては、フィールドに出た時にパニックにならないために、Nexus7のスリーブ直後はどうなるか・Panoshootの電源を入り切りするとどうなるか等、色々なケースの挙動を確かめておきます。

    余談:ジョイスティックでPanogearは軽快に動きます。でも、ガンガン動かすとモーターが悲鳴を上げそうで、ほどほどにしておきます。







     

    コメント

    コメントする









    ▲top