ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 自分の中の鉄則 | TOP | 自分の中の鉄則3 >>

2013.10.15 Tuesday

自分の中の鉄則2

1
JUGEMテーマ:超高精細写真
 そんなわけで、マニュアル撮影(ハンドヘルド)の鉄則は進歩的に改定となりました。
そうして、撮った青空。簡単にスティッチできると思ったら、どっこい、すごく難しいんです。結局、位置合わせがきっちりできるわけでもなく、ましてや、貼り付け角度に合致した、フレームの変形に関する理論を知るよしもないので、青空のグラデーションをスティッチするのは、至難の業であった訳です。
結構な回り道となりましたが、Photoshopでのマニュアルスティッチに限界を感じて、スティッチソフトを使うことに。
AutopanoかPTGuiかGigapanか迷いましたが、PanogearとPapywizardに惚れ込み、Autopanoに即決。
こうして、4.ハンドヘルドであること。は、あえなく消滅してしまいました。
ですが、結果として、素晴らしい青空や海面表情を手に入れることができるようになりました。何より、スティッチ作業がゼロに等しいくらいになり(以前は1枚あたり1周間かかっていた)、撮影に主力を傾注できるようになりました。
唯一、その分、スティッチの楽しみが減ったと感じています。また、写真の出来に言い訳が出来なくなっちゃいました。


 

コメント

コメントする









▲top