ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 日曜の象の鼻パーク | TOP | 街歩きを楽しめる1枚 >>

2013.10.05 Saturday

血糖値の測りどき

0
    JUGEMテーマ:糖尿病と向き合う
     今年の3月に12.6だったHbA1cも、8月には5.6まで下がってきました。
    食事療法・運動療法・薬物療法のお陰なのかな。しかし、安心せずに、一生続けなくてはならないわけで、まだ、スタートを切ったにすぎない。(と、自分に言いきかせる)
    7月までは、毎食前の空腹時の血糖値を測っていた。当然、食事の量・運動量・インスリンの量の総合的な結果が血糖値として出てくる訳です。
    この場合、初心患者としては、インスリンはともかく、食事か運動をコントロールすることになる。だけど、運動量にしても不規則な要素が多くて、コントロールはおぼつかないのが実際なのです。
    そこで、毎食後(2時間後)に測ってみることにしました。現在、2ヶ月ほどが経過しています。
    目標としては140以下に置いています。
    分かってきたことは、食事の内容でかなり敏感に反応しますね。値としては上は190から下は80と、結構広い気がします。(主観であって、根拠はありません)
    運動も、朝食後1時間後に30分のジョギングをしていますが、その効果を血糖値的に確信できるものではありません。むしろ、増えてるじゃん!って時もあります。(午前中の運動は、血糖値をあげると言う話もあるようで・・・)
    ただ、食事の内容と血糖値の関係は、かなり理解できてきました。と言えるくらいに相関があるようです。
    食事の質を極めるには、食後1時間の血糖値が最適なのでしょうね。いずれやってみることになると思います。

    コメント

    コメントする









    ▲top