ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< スイス超高精細写真考2 | TOP | スイス超高精細写真考4 >>

2011.07.21 Thursday

スイス超高精細写真考3

0

    スイス超高精細写真考 1 2 3 4 5 6 7 8 目次版へ

     4日目:
    今日は4:20から1日中マッターホルン。
    まず、マッターホルンのご来光
    ホテルから歩いて、スネガパラダイス行きの地下ケーブルカーに乗る。
    続いてゴンドラ2本を乗り継いでロートホルンパラダイスへ。
    途中はずっと霧の中。直前で、雲海を抜け、大感激。
    皆さんは、どこまで強運なんでしょうね。とは、添乗員さん。

    まず、夜明け前のグラデーションをパチリ。
     pitch="5" yaw="5" 105mm 撮影タイム3分45秒
    マッターホルンの夜明け
    [グラデーションが見事]
    撮影ロボット2号ちゃんでは、最速ではないかな。

    続けて、ご来光の写真を1枚。
     pitch="6" yaw="9" 105mm 撮影タイム8分16秒
    マッターホルンの夜明け2
    [なんとも言えない光景です]
    それにしてもこの景色、我々のツアー27+1名しか見ていないのです。
    レストランも貸切の朝食(バイキング)です。
    さすが観光立国。

    次は、ゴンドラ1つ下って、ブラウヘルドでお花散策ハイキングとシュテリーゼ湖の逆さマッターホルン。ところが、ハイキングガイドが煩くて、私より前に行くな・花の名前を伝言しろと厄介で、コースも判らず時間も読めないので、こりゃ無理だと諦めた。あまり固執すると、いらいらして心がトゲトゲしくなり、気持ちよく写真が撮れない。
    そんな時は、皆と同じように楽しめばいいじゃん。そるにしても、色んな花が咲いてるんだなーーー。
    そして、逆さマッターホルンの撮影スポットは、何と、3畳ほどの広さ。三脚を立てて何分も独り占めできません。水面も騒いでいたので、スッパリ諦めることに。
    ボーっと眺めていると、結構、雲の流れも速く、マッターちゃんが見え隠れしていました。
    それにしても、良い天気だ。

    午後は、ゴルナーグラート登山鉄道でゴルナーグラート展望台とハイキングです。
    午前中の逆さマッターホルンがだめだったので、リッフェル湖の逆さマッターホルンに挑戦することに。
    ツアーの皆は、ゴルナーグラート展望台へ向かいましたが、こちらはキャンセルしてローテンボーデン駅で途中下車。そこからリッフェルベルグ駅までのハイキングコースを先行。
     pitch="7" yaw="7" 105mm
    リッフェル湖の逆さマッターホルン2
    [うーーーーん。どうしても見せてくれない。]
    それでも、お天気に感謝感謝!!

    そして、少し下ったハイキングコースで1枚。
     pitch="7" yaw="7" 105mm
    何とか氷河
    [左からオーバー・ガーベルホルン(4063m)、チナールロートホルン(4221m)中央の雲、
    ワイスホルン(4505m)右の雲塊の中、右遠方はブルネックホルン(3838m)]

    ツェルマットもロレックスなど高級ブランド店がある街です。
    ビールは大体5フランです。味はライトで呑みやすい。どこへ行っても同じ味。地ビールは全く呑みまずに通しました。

    スイス超高精細写真考 1 2 3 4 5 6 7 8 目次版へ

    コメント

    コメントする









    ▲top