ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 洞窟住居 | TOP | プチッと国勢調査 >>

2020.09.14 Monday

初めての経験

0

    JUGEMテーマ:親爺の独り言

    日課の散歩を始めた直後、体調不良の方がいたので救急搬送してもらった。

    散歩コースの日陰具合から、午後の2時に散歩を始める爺。まだまだ暑い最中、道路の反対側の炎天下に座り込んでる方がいてどうも様子がおかしく、よだれも垂れ流している。

    あたりには数人往来している方も。爺が「どうしました?大丈夫ですか?気分が悪いんですか?救急車呼びましょうか?」

    と、声掛けをしていると、ようやく付近にいた一人来てくれた。

    最初の声掛けはためらう人がいてもおかしくない感じですね。

    そうこうしてるうちに、2.3人集まってきて、日陰に移動。体の具合・既往症などを聴いてるうちに、冷却材をビニール袋に入れて持ってくる人、携帯で119番してくれる人、帽子であおぎながら今までの体調を聴くひと(爺)。つまり、阿吽の呼吸で各々が自分のできる役割を果たして救護にあたった。(大人なんだから当然なんですが)

    5分以内に感じたが、直ぐに救急車が来てくれたので搬送してもらって解散。

    とりあえず、まわりは熱中症を念頭に行動したが、爺が本人から聞いたところによると2.3日前にも入院騒ぎがあって「栄養が足りていない」言われていたそうです。(救急隊員もこの間も搬送したねと小さな声で・・・)

    ま、大事に至ることはなくってよかった・よかった!!!!!

     


    コメント

    コメントする









    ▲top