ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ”らじる★らじる-聴き逃し”が途切れる問題 解決 | TOP | バーグ湖が素敵 >>

2019.09.29 Sunday

もう奇跡とは言わせない!

0

    JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

    ラグビーワールドカップ予選で、日本がアイルランド(世界ランク2位)に19-12で勝った。

    それに先立って、アイルランドVsスコットランドを見た。アイルランドが27-3の快勝であった。

    一方、日本Vsロシアは30-10日本が勝っている。この試合、日本がターンオーバーされることが非常に多かった。

    勝つことは勝ったが、タックルされて潰されて団子状態になると、笛が鳴って相手ボールになってしまうことが多かった。

    ところが、日本Vsアイルランド戦はどうだろう。

    日本がターンオーバーでボールを失うシーンが極めて少なかった。

    また、アイルランドは重戦車並みの力強さと隙を突く突破力が全くなかった。

    たとえるなら、弁慶と牛若丸の戦いを感じさせるものであった。

     

    国際大会におけるルール・基準等、日本が強くなってくると、日本が不利な方向へ改正される。

    スキーのジャンプにいたってはその最たるものではないか。水泳の泳法だってそうであった。

    数えればきりがないであろう。日本は辛酸をなめてきた歴史がある。

    せめて、ラグビーはその牙城であってほしいものである。

    ラグビーのノーサイドに代表されるフェアプレー称えられる価値はある。しかし、スポーツはどれもフェアプレーの上に成り立っていなければならないのである。

    ラグビーとて、レフェリーのジャッジがとても多く、それが試合の勝ち負け・流れに決定的なものになる可能性大である。

     

    どうかフェアプレー・公明正大・信念・リスペクト・クリーンなスポーツとしてラグビーが発展することを願っています。

    ただ、爺として、やりたいとは思わないスポーツであることを申し添えておきます。痛そーで絶対ムリ!

     


    コメント

    コメントする









    ▲top