ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< メリア バリの夜が素敵! | TOP | カップヌードルのフォーク事件 >>

2019.02.05 Tuesday

インドネシアのセキュリティ

0

    JUGEMテーマ:旅写真

    単身赴任の息子殿の生活環境は、日本にいては実感がわかなかった。行ってみてビックリ、ゴルフ場は隣接してるはプールは泳ぎ放題、フィットネスジムも勿論。日常生活には困ることはなさそう。

    さりとて、バイクでパタパタと出かけることはご法度。車、しかも事故った時のため運転手さん付きオンリー。爺たちの乗った車、いきなり警官に止められ信号無視の言いがかりをつけられ、公然と賄賂(年末のため)を撮られる始末。

    アパートメントは、セキュリティーに守られたゾーンの中にあります。

    部屋はカードキー方式。このカードキー、エレベータでも必要なんです。

    爺婆、それを知らずに大騒ぎとなりました。

    1階のコンビニにビールを買いに。いくら探してもビールないんです。ビール!ビール!ビール!と若い店員さんに言うと、黒いビニールを少しだけ開けて、これですか?

    そっか、ここはアルコール御法度の国だ。そうそう、それくださいと小声で。

    ビールを買って、12階に戻ろうとエレベーターに乗ってボタンを押すもすぐ消えちゃう。何度やってもダメ。

    仕方なく、コンビニに戻ってお姉さん店員の手を引っ張ってエレベーターで、動かないことを説明。

    お姉さんも、首をかしげる始末。お姉さんが、ホテルの人を連れてきてくれて説明。

    何のことはない、部屋のカードキーを使えばよかったのだ。でも、1階に来るときは平気だったよと言ったら、12階にはドロボーはいません。合理的と言えばそうだけど、2.3階のじゃ安心できないじゃん。

     


    コメント

    コメントする









    ▲top