ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< TANK購入記 キーってなに? | TOP | TANK購入記 坂道発進が楽ちん >>

2018.05.24 Thursday

TANK購入記 危ない方向指示器

0

    JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

    15年ぶりの新車、色々進化してて爺婆にとっては、真に浦島太郎状態なのであります。

    今日は、知らないと超危険な方向指示器。

    15年前のシエンタは、機械式のオートリターンレバーで片方向1モーションタイプでした。(上の図)

    TANKは下の図のように進化しています。

    詳細には、片方向2段モーションタイプで、レバー位置は中立位置に戻ってしまいます。

     Νい亙向指示が出続けて、ハンドル操作でチャンセルされます。

    ◆Νは3回点滅して終わっちゃいます。また、反対方向の方向指示をキャンセルするときに使います。

    問題はこのことを知らないとえらいことになるということなんです。

    追い越しをしようとして、の位置で点いたから良しと思ってミラーで後方確認をしている間に、3回しか出ない方向指示は終わってるわけです。そのまま、追い越し走行を行って、死角に車両がいたらと思うとゾッとします。

    結構世間のニュースに気を付けていて、ミラーがカメラ方式でもOKになるとかいうことも耳にしている爺でも、方向指示レバーがこんなことになっているなんて存じませんでした。<(_ _)>

     

    *イラストは、取扱説明書からコピーしたものです。

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    ▲top