ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< GigapanでHDRラッシュ | TOP | ゴールデンタイムのハンブルグが素敵 >>

2018.01.18 Thursday

風邪を可視化!

0

    JUGEMテーマ:糖尿病と向き合う

    糖尿病患者の特典を見っけ!

    糖尿病で血糖値を図っている方は、痛いだけじゃなく、メリットも御有りになるというお話。

    爺は正月早々、風邪をひきましていささか往生いたしました。

    その期間の血糖値です。

    1.2日は箱根温泉に旅行に行きました。

    3日に正月の朝湯の直後に初参りに行ったのが引き金となって・・・・。

    4日は用心していたのですが、夕方から37.5度の熱。血糖値239 mg/dlと明らかに飛び跳ねており、シックデイの始まりを示しています。

    インスリンを2〜3単位増やしてシックデイ対応をしています

    6日は平熱に近い時間帯もあって、一旦治まったかのように感じました。(血糖値も落ち着いたように見えます)

    ところが、7日は、平熱付近と38.5度を行き来するおかしな発熱。爺は、その症状からマイコプラズマ肺炎を心配!娘たち(現役の看護師)は口を揃えて”病院に行け!”。

    8日は朝から15時まで市民病院で検査診察。結果は、マイコ・・、インフル・・、レジオネラ・・。何れも陰性。ただの風邪と確定。抗生剤を処方(3日分)されたものです。

    その結果、9日の朝は、スッキリと目覚めました。ですが、痰はあと2日続きます。

    結局、血糖値が戻ったのは、診察を受けてから3日後、抗生剤の処方日数とピッタリです。これは、この間、勝手に薬を止めて、風邪をぶり返すことになると、抗生耐性菌が出てくるなんてことになるんですかね?クワバラクワバラ!

    過去5年間で、これだけ血糖値に変化が現れたのは初めてです。最も食が変わらずあった風邪も珍しいです。(4年前の風邪の時は、断食したかも・・・)

    とにかく、身体の異常が血糖値に出てくるのは、体温を測るのと同じくらいハッキリしますよね。

    これを、糖尿病患者のメリットととらえてプラス思考しちゃうのもいいんじゃね!

     

     

     


    コメント

    コメントする









    ▲top