ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ソミュールが素敵! | TOP | GigapanでHDRラッシュ >>

2018.01.14 Sunday

HDRの効果

0

    JUGEMテーマ:超高精細写真

    2015年2月、立石公園でHDRレタッチを想定した作品を撮っていました。

    今日は、それをもとにHDR(High Dynamic Range)の効果を紹介します。

    まず、普通に撮るとこうなります。

    夕焼け空を強調して手前の島をシルエットで表現することになります。


    画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。


    これを、シャッタースピードを1/125,1/80,1/50,1/30,1/20の5段階に変えるモードで撮影します。

    そして、明るい空は1/125の画像を、岩陰の暗いところ1/20で撮影した画像を、つまり、画像の美味しいところ取りしたものが下の写真です。

    カメラは、ブラケッティングモードにします。これがまた多機能で、シャッタースピード・ISO・露出・ホワイトバランス・アクティブDライトがありますが、レタッチソフト(AutoPano Giga)は、シャッタースピード・露出全部をフォローしています。

    何か、どんどん奥が深くなって、頭の中がこんがらかってしまう爺です。

     

     


    コメント

    コメントする









    ▲top