ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< フルカ峠の夕景が素敵 | TOP | スマホのFMラジオで在京の民放を聴く裏ワザ! >>

2017.08.06 Sunday

夏の晩酌 定番を見っけ!

0

    JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

    爺の冬季の晩酌は、いいちこのお湯割り(時々梅干し入り)と落ち着いております。

    夏季については、どーしても冷たいものが欲しくなりますよね。

    缶酎ハイも頭痛がするなど、”本搾り”が良いと以前投稿させていただいております。

    ですが、年金暮らしの身では、コストカットを常に考えに入れておかねば・・・・・。

    そこで考え付いたのが、焼酎の炭酸水割をつくればよい!

    しからば、炭酸水と”いいちこ”の割合。それと氷。

    氷は、晩酌時間によって、融ける水の量が関係してきます。

    コップは勿論。チタンの真空断熱。内容量220ml。

    まず、いいちこの量の定量化。普段、感覚的に入れている量を測ってみたら、50ccであることが分かった。ついでに、最近は、量が80cc以上になっていたことも判明。

    氷をたっぷり入れたグラスに、50ccはぐい吞みグラスにオットットーじゃない、極かるーく1杯でした。

    次に、炭酸水。

    炭酸水は60ccぐらいになります。

    これを、1時間ぐらいかけてちびちび3杯。

    4杯飲むと、夜中、グダグダになっちゃいます。でも、二日酔いになるほどではありません。

    それにしても、弱くなったものです。
     


    コメント

    コメントする









    ▲top