ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.21 Wednesday

既に余裕のスマホになってます

0

    JUGEMテーマ:親爺の独り言

    買って半年、婆のスマホいじりも余裕綽々。

    この間、音声SIMに切り替えたりもしたが、難なく乗り越えて使いこなしています。

    概して言えば、爺婆共通で苦手な動作は、”タッピング”でありましょう。どーしても”おっぺす”感じになってしまいます。

    すると、長押しメニューが出て来てしまい、それをまた、変にタッチして、あらぬ設定をしてしまうことになり、挙動が変わって壊れたって言い始める。私はそんなことしてないって言い張る。

    好奇心の塊でいじり倒さないと満足しない爺と、手順記憶専門の婆、どちらにも大差なく使いこなせるスマホは大したものです。


    2017.06.19 Monday

    缶チューハイで頭痛

    0

      JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

      思い起こせば、6年も7年も前から感じていたことです。

      缶チューハイを呑むと後頭部から肩にかけて、しびれるような痛みを感じるですね。

      そのころは、年一で友人たちとスキーに行っていました。買い込んでいく缶チューハイの銘柄について、”本搾り”じゃなきゃダメと注文を付けていたので時系列は間違いないでしょう。2年ほど前には、総合病院の内科の医師にも、相談をしたことがあります。医師の答えは、そんな話は聞いたことがない、と言うことでした。

      爺は、経験的に”本搾り”なら大丈夫を確信していたんですが、裏返せば人工甘味料原因でありそうなのですね。

      とはいえ、人工甘味料の何がいけないのかなんてことは、知る由もありません。

      最近、似たような話はないのかと、ネットで検索してみたら、すごくいっぱいヒットしました。

      Googleで”缶チューハイ 頭 肩”で検索してみてください、そりゃあいっぱい出てきます。

      出る人・出ない人・感じている人・感じていない人、それぞれなんでしょうが、ちょっと怖いですよね。

      もっとも、アルコールを飲まなきゃ一番良いんでしょうが、♪トコ姉さん酒持ってこい♪ってかー!

       

       

       


      2017.06.17 Saturday

      ティッシュのストック

      0

        JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

        まとめサイト風に言うと、”おまえら ティッシュのストック どーしてる?”てなりますかね?

        ティッシュが必要なときって、

        1.コーヒー等をこぼしたとき

        2.急に鼻がムズムズしてきたとき

        3.鼻血がでたとき

        4.手が汚れたとき

        5.耳ほりや爪を切るとき

        6.化粧をするとき

        7..............!

        急ぐときやそうでもないとき、真っ暗闇のとき。

        色んなシーンで使う訳ですが、急いでいる時の記憶が残っていませんか?

        つまり、コーヒー何かを溢して早く拭きたいのに、取ったら最後の1枚(正確には2枚です)だけで、たんないじゃん!

        こんな時、ビニール梱包のティッシュを取ろうとすると、箱の角が引っかかってイライラしますよね。

        ようやく取り出せたと思えば、ティッシュの取り出し口がきちんとはがれなかったり・・・・。ね!

        それが嫌なので、爺はこうしています。

         下の箱も上と同じにしてあります。

        箱全部、ビニールから出して、取り出し口をはがして1枚目(お父さん2枚のことです←みね子風)を出しておきます。

        こうしておけば、どんな時でもさっとティッシュが補給できます。

        いっそのこと、この状態で売ってくれればいいのにって思います。


        2017.06.12 Monday

        今日はブログ誕生日

        0

          JUGEMテーマ:親爺の独り言

          最初のモザイク写真

          爺のブログ、始まりは2011年6月12日で”ルーツ”です。

          超高精細写真を始めたきっかけをかいたものでした。

          ちなみに超高精細写真関係のルーツを時系列にまとめると、

          2002.12.24 爺の超高精細写真のスタート。みなとみらいの全館点灯の写真(4枚をステッチしたもの)

          2006.11.29 Gigapan超高精細写真サイトのスタート

          2007......... 超高精細写真がメディアに広がり始める。

          2009.2.20  オバマ大統領就任式の超高精細写真が世界に衝撃!

          こうしてみると、ブログのスタートはともかく、超高精細写真では、時代の最先端をいってたなって気がしますね。

          何故か、15年しかたっていない超高精細写真の初期のことを、とーーーーい昔に感じられるのが、不思議でなりません。

          ブログのことも同じです。

          もっと、とーーーーい昔のことは、昨日のことのように感じるのに・・・・。

          そして、今回の投稿は1156稿目となります。


          2017.06.11 Sunday

          常用食品

          0

            JUGEMテーマ:ネットで話題のもの

            爺が毎日1回食べる常用食品は、ご飯・味噌汁の他に、二つあります。

            1.ヨーグルト・オリゴ糖

            2.アーモンド。

            ヨーグルトは、食べ始めて15年以上経ちます。

            爺の家系的には、胃がんの確率が高いので、ヨーグルトとオリゴ糖で予防しようと始めたものです。

            それも、買い続けたのではなく、作り続けているのです。きっかけは、親友がヨーグルトメーカーを紹介してくれたことでした。

            1日12粒。

             

            アーモンドは、今年の春から始めました。

            婆から、糖尿に良いらしいので買ってきたんだけど、焦がさないように炒ってくれないか、と頼まれたのがきっかけです。

            ネットでググったら、電子レンジで炒れるのを見つけ、やったところ、グー!

            婆が大喜び!以来、爺が炒り担当。

             

            早速、ネットで効能や用法を調べたところ、血糖値を下げる効果があるらしい。

            脂質の過剰摂取が心配でありましたが、1日10程度にすれば問題ない模様。

            口寂しいときに食べるんですが、口の中でアーモンドバターができるくらい噛んでますが、結構気がまぎれます。

            この調子なら、続けて行けそうです。婆に感謝感謝!

             

            その他、酒粕って何か効果がありそうじゃないですか?早速、3か月ほど常用食化を試みたのですが、自覚的な効果が見られていません。却下になりそうです。

             


            2017.06.06 Tuesday

            晩酌と言えども 何故 呑み過ぎるのか

            0

              JUGEMテーマ:親爺の独り言

              子供や兄弟が、何かにつけて集まる我が家。

              そんな時は、爺、大手を振って飲み放題と相成るわけであります。

              でも、歳には勝てず、いつもの晩酌に1.2杯多く飲むだけで、失神就寝となってしまいます。

              そんな爺ですが、普段の晩酌でどうしても多く呑んじゃう時があります。

              昨日、晩酌をしながらどうしてなんだろう?と考えた訳であります。

              1.良いことがあった日。

              2.良い汗をかいた日。

              3.婆と話が弾んだとき。

              こう言ったことは、そうないので恒常的であると言えない。

              では、何でなんだろう?

              そこで気が付いたのが、酒の肴だ。

              突っつくおかずが残ってるのに、お酒が無くなっちゃうと、ついもう一杯となる。

              悪いことに、今度は、肴が途中で無くなってしまい、冷蔵庫を引っ掻き回して何か見つける訳だ。

              それで呑んでると、今度は、お酒が無くなる。つまみがあるじゃん!

              もう一杯行くか?????

              婆の手が、横からすーーーっと出て、つまみを浚う。

              いい加減にしたら・・・・・・・!怒り
               


              2017.05.31 Wednesday

              画像を送ったふりをする画像

              0

                JUGEMテーマ:親爺の独り言

                嫌いな上司や別れたい彼から、資料だとか写真を送ってよと言われたときに、送ってみたい画像がこれ!

                受け取った方は、おかしーファイルが開けないーーーー?って思う。

                も〜一回送ってくれる?となるから。

                おかしーですね、こっちでは、フツーにみれますけどー!つって、また同じのを送る。

                何回やるかは、あなた次第。

                別れたい彼には、無限地獄もいいかも。

                 


                2017.05.23 Tuesday

                手抜き仕事が露呈

                0

                  JUGEMテーマ:親爺の独り言

                  2年ほど前、一念発起して家の外壁を洗浄した。覚えてる方もおいでだと思います。

                  ここへ来て、洗浄した壁面の下部に、前回と同じカビらしいものが生えてきました。

                  そういえば・・・・・・・!

                  洗剤が残り少なくなって、洗剤の使用をケチった記憶があります。

                  窓の直ぐ手前は、洗剤が利いていて綺麗。

                  更に手前の外壁はカビだらけ、と、まだら模様になっております。

                  上の方から始めたので、上部の状態は完璧。

                  結果は、正直についてくるものですね。

                  また、しばらく楽しめるというもんです。


                  2017.05.20 Saturday

                  気が付いたらこんなに!

                  0

                    JUGEMテーマ:親爺の独り言

                    ジョギングの途中で見つけた、苔だか草だかわからないのを、一握り持ち帰って植えておいた。

                    一年ぐらい経ったろうか、今朝気が付いたら!

                    持ち帰ってきたときの大きさは、ピンコロ石の下側に生えている3っつのうちの右側ぐらいの大きさでした。

                    芝生代わりにいいかなと思って、連れてきたものです。

                    本当は、庭一面に生わせたいのですが婆が許してくれそうもありません。


                    2017.04.21 Friday

                    久しぶりの銀座

                    0

                      JUGEMテーマ:親爺の独り言

                      愛カメラのお掃除をしてもらおうと、久しぶりに銀座に行ってきました。

                      50年近く経つかな、婆と結婚する前。

                      ここで、待ち合わせをしたんですが、婆は向こう側、爺はこちら側で結局会えず仕舞い。

                      携帯なんてない時代だから、双方の家に電話したりで大騒ぎした思い出。

                       


                      ▲top