ハイレゾ写真爺

---心にのこる風景を大きなハイレゾ写真に!---

全自動電動雲台の撮影ロボットで撮影したイメージをつないだ超ハイレゾ写真を、とにかくおっきなプリントにして楽しむ。
> ■Panogear(Merlin/Olion) & Papywizard ■Autopano giga & Photoshop ■Nikon D300s & Capture NX2
眼に優しい画面を展開中です!。
超高精細写真(Ultra-high resolution Photography)

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.05.18 Saturday

ブログを残す2

0

    JUGEMテーマ:親爺の独り言

    ブログをPDF形式で電子紙化はGoodアイデアでした。しかし考えてみれば、数年前の記事にはリンク用のQRコードが入っていません。それでは、超高精細写真をスーーーームUPするこのブログのコンセプトが失われてしまいます。

    そこで爺が行き着いた結論は、ぜーんぶQRコード付きの現在の表示バージョンに書き換えるということでした。800件から900件もあるものを書き変える。

    理屈は、埋め込み表示の部分のコードをコピペで書き変えれべいいだけのことなんですが・・・・。そのコードの中に作品ごとのID番号を記す部分があります。

    Excel爺のこと、マクロでチョイとID番号をコピペしてやればコード全体をコピペするだけの状態で返してくれるやつを作りました。このことで、ようやくやる気が起きました。

    で、ぜーーーーんぶ書き直しました。4日かかりました。

    続いて、PDF印刷です。

    これがまた癖があって大変。

    Google CrhomeでPDF印刷すると、写真の部分の色が反転してしまうんです。これは、普段見ている時もディスプレイ上でも反転しているんですが諦めているうちに慣れてしまっていました。

    さすがに、これじゃ駄目じゃんっていうことです。エッジだとどうかなと試したらディスプレイ上もPDF紙面でもオッケー!

    つうことで、遂に、過去ログのPDF化が完成しました。これからは、毎月PDF化を続けていこうと考えています。

     


    2019.05.16 Thursday

    このブログをどう残す

    0

      JUGEMテーマ:親爺の独り言

      2011年6月からスタートしたこのブログ。サーバーの契約を打ち切れば、一瞬にして消えてしまう運命であります。

      大したことが書いてあるわけでもないですが、あまりにも切ないんですね。そこで、何とかならないものかと考えた訳です。

      残す方法:

      1.本にする・・・・・高そう!リンクが利用できない

      2.無料ブログに引っ越す・・・・・スタイルシートは持って行けないのでレイアウト等を失う

      3.バックアップとしてパソコンに取り込む・・・・・同上

      4.自分で印刷する・・・・・手間暇かかりそう、リンクが利用できない

      があります。

      爺のこのブログは、Gigapanのサイトとリンクして初めて成り立っているところもあります。なので、リンクなしでは物足りないです。

      いろいろな方法を検討して行き着いた答えが、PDFファイルにすることでした。

      PDFファイルにしておけば、後に印刷することもでき、また、メディアに保存できるのでコンパクトです。

      次に、作業を始めたところ、不都合が起こっていました。この続きは、次に!


      2019.05.12 Sunday

      イスタンブールの素敵あり!

      0

        JUGEMテーマ:超高精細写真

        ここでは何度か照会させているこの方の作品。今回もトルコ・イスタンブールがとっても素敵に描かれています。


        画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。

         

         


        2019.05.10 Friday

        そう言えば 思い出した

        0

          JUGEMテーマ:超高精細写真

           

          マリーアントワネットの世界遺産を観ていて、なぜか思い出した。ほんとになんでかスイッチが入った。

          昔、電気のことを暗記するときに使ってた。

          電流→→→→→マリーアンペアネット・・・・・これだ!

          電圧→→ぼったくりの店→→→→ボルト

          オナラの周波数は?→→→→→ヘルツ

          昔は

          オナラの周波数は?→→→→→クサイクル

          以上

           

           

           


          2019.05.07 Tuesday

          いかにもノルウェー!

          0

            JUGEMテーマ:超高精細写真

            説明不要!


            画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。

             

             


            2019.05.05 Sunday

            excelで見るということ

            0

              JUGEMテーマ:親爺の独り言

              爺は、パノラマ写真を撮影する機械を制御するソフトウエアもexcelのマクロで組んでしまうほど、ことExcelに関しては詳しいと自負しています。

              しかし、小旅行の旅程表を作った時に目からうろこの発見が!

              それは、Excelはシート(book)を編集するツールだということ。

              今まで考えもしなかったことなんです。

              例えば、WebページをExcelで作成・編集したとします。そして、サーバーにアップしてそのページを開いたときに一々Excelが起動してからWebページがExcelの中で開いたら(再編集もできたら)なんかうざいし嫌じゃないですか。

              勿論、保護をかけて読み取り専用にしたりウインドウ表示のカスタマイズを込みで保存する方法はあります。でも、どうしたって、裏でExcelは起動しているわけですから、セルがアクティブになればセル枠が強調されるわけです。

              こうしたことは、Google sheetsを使う場合も同じなんです。

              気が付いたのは、当然爺と旅を共にするスマホにBookを保存したときなんです。Android用のExcel(無料です)をインストールしていざ見始めたら、誤タッチやら何やらで書き変えられちゃってグチャグチャ。

               

              (凝り性の爺、上のイメージの「H]列には、web(うまたべのランキングサイト等)、map₍移動区間のgoogleナビ₎、v.p(ビューポイントの紹介サイト)へのハイパーリンクが貼ってあります。)

               

              スマホの場合、PDFファイルは余分なツールエリアも無くフルスクリーンで展開できるし軽くていいです。Excelは「ファイル」―「印刷」―「プリンター」の設定で「Microsoft print to PDF」を選択すればPDFファイルにして保存できます。だけどこれ、ハイパーリンクが消されてしまうんです。で爺これ却下!

              ネットで調べてみると、どうやらGoogle DriveでダウンロードするときにPDFファイルを指定できるとのこと。

              ありました!

              結果はまあまあ!見栄えは、グーー―!

              スマホでは、上のツール欄もなくオッケー!

              ただ、ページ内のジャンプは機能しません。考えてみれば、スマホではバックで開いておけばジャンプの必要はありません。

              ちなみに、当然ながらGoogle sheetsにも[ファイル]―[ダウンロード]でPDF化できます。ここらでGoogle sheetsに宗旨替えですかね。

               

               

               


              2019.05.02 Thursday

              頭が下がります

              0

                JUGEMテーマ:親爺の独り言

                令和の幕開けで、車のナンバーも「08」「3108」が人気だとか。ですが「08」はダメなようです。

                ニュースによると、1,3,5,7,8の1桁2桁3桁4桁ものが多いようです。

                でも「8888」・「7777」・「 893」なんて車にはちょっとなー!って感じもありますよね。

                「1122」も人気らしいのですが、街中で出会うとほんとかい?浮気してないだろうね?なんて呟いちゃう。

                「9999」なんて見ると、そんなに苦を背負って辛くないの?苦を独り占めですか。

                こないだ「9995」ってのにでくあして、え!なに?しばらく考えたら、「救急・救護」じゃん!

                救急隊員さんですかね、思わず頭が下がりました。当然、その車は、視界から消えていましたが…。


                2019.04.30 Tuesday

                平成最後の記事

                0

                  JUGEMテーマ:超高精細写真

                  10連休!旅行に言った気分で「マチピュチュ」をどうぞ。作者は、ラマ僧が何人いるかなって言ってます。


                  画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。

                   

                   


                  2019.04.28 Sunday

                  いんご爺い

                  0

                    JUGEMテーマ:親爺の独り言

                    歳をとるにつれてますます”いんご”に磨きがかかってきました。その一つに重箱の隅突っつきがあります。

                    とにかく、間違いを許せないんですね。

                    先日、「離婚な二人」と言うドラマを観ました。前・後編に分かれたもので、決定的な破たんではなく微妙な気持ちのすれ違いから離婚するストーリーなんです。心理表現と離婚用件の組み方が素晴らしく、ふーんそうなるんだ感満載の面白いドラマでした。

                    で、どうなっちゃうんだろうと思いながら、後編の最後の最後!離婚届に判子を押すということで、あー別れるんだと思うところで、弁護士が「そこに、署名押印してください。」ってとこで爺の琴線に触れてしまいました。

                    ん!署名押印か?署名捺印じゃないの!それも弁護士がそれを間違えるかーーーー!

                    一旦気になってしまうと、そんな程度でつくられたドラマなのかと、全編後編4時間残念に思えてきてしまうんですね。

                    折角面白かったんだから寛容であればいいのにと思うんですがそれができないで、こうやって書いてる爺がいる。

                    今やネットでいくらでもニュースが読めますが、活字ニュースに比べると誤字(誤変換)が多くて、見つけるたびに気になってしまいます。

                    この記事では、赤点の悲惨→飛散でなければなりません。こうなると、ここに書かれているほかの事も確かなのかな?と思ってしまうんですね。

                    大分前ですが、女優の浜木綿子さんのことを浜木さんと書かれていました。

                    ま、このようなことに目くじらを立てずに、ゆってりと生きてゆきたいものです。
                     


                    2019.04.26 Friday

                    カーボン山2

                    0

                      JUGEMテーマ:超高精細写真

                      うーん!なかなか難しい・・・・。


                      画像の中のボタンでフルスクリーンになります。QRコードはスマホでご利用できます。

                      mamoo
                      スマホで表示

                       

                       

                       

                       


                      ▲top